({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年05月26日
最終更新日2013年06月10日
シリーズ名剣乙女シリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
54.06MB

作品内容

【耳かき幻想譚】レイピア乙女の御持て成し!【安眠催眠風】

剣乙女シリーズ第三弾!今度は南蛮ハーフ乙女です。
イレーネ・ハインリッヒ(大和名:半田イネ)は、南蛮人医師の父から騎士道的レイピアの技、母から大和撫子的耳かきの技を授けられる。
父と共に本国に帰ることが決まり、その前に、淡い恋心を抱いていたアナタを招く彼女、曰く、
「父母から受けた修行はわたくしの中で一体となり、『南蛮の剣乙女のお持て成し』と胸を張って言える技となりました。この技をもって、あなた様のお体に尽くしきりとうございます!」
和洋融合した技術が耳~全身まで持て成し尽くす!

※III 耳掻きは、右耳メインと左耳メインがございますので、選んで再生してください。
※IV 全身愛撫は、耳かき棒の音刺激が強いもの(ハード)と弱いもの(マイルド)がありますので、選んでください。
I 挨拶         4:27
II 導入         5:37
III 耳かき(left)  10:22
III 耳かき(right)  10:22
IV 全身愛撫(ハード) 10:35
IV 全身愛撫(マイルド)10:35
そして…告白~添い寝 7:21

イラスト:端月シノ
声優:渡瀬 なゆか

※本作品は健全版です。

注意事項

この作品は「【耳かきエッチ幻想譚】レイピア乙女の御持て成しエロース!【安眠催眠風】(RJ116069)」と内容の重複があります。

【耳かき幻想譚】レイピア乙女の御持て成し!【安眠催眠風】の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【耳かき幻想譚】レイピア乙女の御持て成し!【安眠催眠風】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レイピア剣士の金属耳かき棒

2018年03月11日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

剣乙女シリーズ第三弾で、今回のヒロインは南蛮ハーフ乙女のレイピア剣士。
白銀の耳かき棒で耳かきしてくれるけれど、このヒロインだと木の耳かきより金属の耳かきのほうがイメージに合う。
それ以外にもレイピアが得意な設定を活かしたシチュエーションあり。

なお、銀とかチタンでできた金属の耳かきは私も持っている。
金属製だと先端部分を薄い皿状にしっかり加工できているものだと、木の耳かきより耳垢が取れるものもある。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!優しくつつかれる快感

2013年11月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

シリーズ第3作となる今作は日本女性を題材とした過去2作とはうって変わって、西洋人と日本人のハーフであるイレーネ・ハインリッヒがヒロインとなっています。
刺突により攻撃するレイピアの術が基になっているためか、耳の中を突くように耳かきをしたり全身愛撫でも耳かき棒でツボをつつかれたりしてしまいますが、つつかれるとはいえ痛みを伴う描写はまったく無く、むしろかなり気持ちいいです。
他の音声作品では味わえないであろう優しくつつかれる快感をあなたも体験してみてはいかがでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]