同人 > StudioBloodyBloom > 追懐のリバイバル-the sense of reincarnation-

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年04月26日
最終更新日2013年10月21日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

■紹介■
 「追懐のリバイバル-the sense of reincarnation-」はマルチエンディングの探索型脱出ホラーゲームです。
 突如異世界の学校に閉じこめられた高校生男女五人。
 プレイヤーはヒロイン四人と力を合わせて学校からの脱出を目指します。

■ストーリー■
 夏休み前の最後の登校日。
 生徒達は、明日からの夏休みに胸を躍らせて校門を跨ぐ。
 二年生である竜弘も、その一人であった。
 彼にも他の生徒達と同じように明日からは楽しい夏休みが訪れるはずだった。

 その日の帰路の途中、幼馴染みのゆりと帰るいつもの下校風景。
 ふと、ゆりが学校に忘れ物をしたことに気づく。
 竜弘とゆりは、忘れ物を取りに行くために夜の学校へと踵を返す。
 それが、戦慄の夜の始まりだとも知らずに。

 ————今宵又、扉ガ開ク。
 死ノゲエムハ、終ワラナイ…。

■備考■
 ・マルチエンディング。
 ・重要イベント時のヒロイン、サブキャラクターのボイス有り。
 ・CG鑑賞モード有り。
 ・エンディングリストモード有り。
 ・特定イベントのスキップ機能有り。
 ・体験版からセーブデータの引き継ぎ可能。

■プレイする前に■
 本製品をプレイするには、「RPGツクールXP RTP」のインストールが必須となります。
 下記アドレスから無料で入手できますので、
 プレイする前にダウンロード及びインストールを行ってください。

 ▼RPGツクールRTPダウンロードページ▼
 http://www.famitsu.com/freegame/rtp/

■リンク■
公式ページ:http://www7b.biglobe.ne.jp/~studiobloodybloom/ssbg1_top.html
特設ページ:http://tsuiriba.gameha.net/

※このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。苦手な方はご注意ください。

キャラクター紹介1

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆竜弘◆

 高校二年生。
 気分屋で面倒くさがり。
 斜に構えた言動や行動が目立つが、それらは全て恥ずかしさの裏返しであり、根は人を思いやる優しい心を持っている。
 仲間意識が強く、仲間に対しては自らを厭わない極端な一面も持つ。
 成績は下の上と言った所であり、勉強以外では特に苦手なこともなければ得意なこともないと言った平均的な男子生徒である。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆ゆり◆(CV:香坂茜)

 高校二年生。
 竜弘とは幼馴染みであり、小学校からクラスもずっと一緒である。
 生一本という言葉を絵に描いたような性格であり、人を疑うことを知らない。
 真面目で努力家な性格のため頭はいいが、おっちょこちょいであり、うっかりミスをすることも少なくない。
 裁縫と料理が得意であり、学校で食べる弁当は自身で作るほどである。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆ひよ子◆(CV:笑兵衛)

 高校二年生。
 竜弘達と同じオフザケ同好会のメンバー。
 携帯電話が手放せない今時の女の子である。
 お調子者で、その気軽明朗な性格からか、ムードメーカーの立ち位置を確立している。
 また、退屈が大嫌いで常に新しい遊びを求めている。
 大のお菓子好きで、鞄の中には教材ではなくお菓子が一杯に入っていると専らの噂である。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆莎妃◆(CV:緋乃玲)

 高校三年生。
 竜弘達が所属するオフザケ同好会の会長であり、創設者。
 あまり細かい物事にこだわらないさばさばとした男っぽい性格で、竜弘とは馬が合うようだ。
 勉強、スポーツとも得意であり、学力は学年トップクラス。
 才色兼備とあって、学校では男子の憧れの的である。
 極度の辛党。

キャラクター紹介2

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆美夜子◆(CV:香坂茜)

 高校一年生。
 無口で、感情をあまり表に出さない女の子。
 竜弘達と同じ同好会に所属している。
 同好会メンバーにも自身について多くは語ろうとせず、謎に包まれた部分が多い。
 しかし彼女曰く、“自分は無口なのではなく、必要なことしか喋らないだけ”らしい。
 授業中はいつも居眠りをしているので、勉強はからっきしである。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆故先生◆(CV:笑兵衛)

 竜弘とゆりのクラスである二年二組の担任教員。
 担当教科は化学。
 慈悲深くとても温厚な性格であり、生徒のことを第一に考えている。
 生徒のこととなると、普段からは想像のできない行動力を発揮することがある。
 その容姿と、おっとりとした親しみやすい性格で生徒からの人気は高い。
 竜弘達の所属する同好会の顧問であり、放課後理科室で彼らの活動に参加することも少なくないようだ。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆夏実◆(CV:七味)

 高校一年生。
 一見すると気が弱そうな印象を受けるが、物事を自分で判別し、違うと思ったことにははっきりとNOと言える主体性を持っている。
 同じクラスの姫崎エリカの言動や立ち振る舞いに憧れており、いつも彼女と行動を共にしている。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆エリカ◆(CV:紗友)

 高校一年生。
 見た目通りの性格であり、高飛車で傍若無人。
 他人と自ら距離を置いてしまうような節があり、クラスからの評判は決してよくなく、当然友達も少ない。
 しかし、親友の夏実には気を許しているようである。
 感情の起伏が激しくなってしまう精神疾患を患っており、普段は薬で症状を抑えている。

キャラクター紹介3

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆友子◆(CV:神代雪乃)

 高校一年生。
 大人しく、人見知りな女の子である。
 クラスに馴染めなかった彼女だが、夏実とエリカに話しかけられ、彼女達のグループに入ることに。
 初めて自分に話しかけてくれた親友の二人には、友情以上の感情を抱いている。
 そのためか、自身よりも夏実とエリカを優先するような節がある。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆千早◆(CV:歪)

 竜弘達が異世界の学校で出会う生存者。
 自らを“このゲームの経験者”だと語り、竜弘達の前に現れては意味深な言葉を残す。
 美夜子とは面識があるようだが、互いの関係に対しては彼も美夜子も多くを語ろうとはしない。

追懐のリバイバル-the sense of reincarnation- [StudioBloodyBloom]

◆オニ◆(CV:きちゅね)

 竜弘達が異世界の学校で対峙することになる存在。
 彼女の目的や素性などは一切不明であるが、その服飾から竜弘達と同じ高校の生徒であることは間違いないようだ。
 その自らの死を懇願するような言動とは裏腹に、その左手に光る刃物で竜弘達に襲いかかる。

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ113747
ファイル名/ファイル容量
RJ113747.zip / 858.02MB (899695129Byte)
CPU
Intel Pentium4 1.5GHz相当以上
メモリ
256MB以上
HDD
900MB以上
VIDEO
解像度1024×768以上
DirectX
Windows XP以降のOSに標準搭載されているもの

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「追懐のリバイバル-the sense of reincarnation-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

仕掛け満載の学校型アトラクションで行われる命を懸けた鬼ごっこ

2017年07月22日  

このレビューは参考になった×0人

ふざけたレビュータイトルですが、このゲームの内容自体はシリアスかつ陰鬱としたものになっています。

ホラー系統としては珍しく、本格的に脱出が始まるまでの導入部分が結構眺めです。
人によってはその時点でだれてしまうかもしれませんが、この不穏な前触れがありながら穏やかな日常が描写されているからこそ、終始闇の中で探索しなければならない脱出パートの恐怖が引きだっています。

登場するキャラはモブには沢山いますが、メインどころでは主人公と約1名を除いてみんな女性キャラです。
どのキャラもそれぞれの個性がありキャラが立っています。
ボイス付きであり、どの場面もしっかりと台詞以上に印象付けができ、どのキャラも不自然さがなく中の人の頑張りが感じられるようになっています。

舞台となるのは学校です。
学校という限定された空間ながら、様々な仕掛けが施されていてそれによって「この部屋は何があるのか」とプレイヤーを楽しませてくれます。
謎解きも幾つかあり、頭を悩ませるものばかりですがヒントどころか答えを教えてくれるシステムもあるので、謎解きが苦手という方でも安心です。

他のホラーと同じく追いかけてくる存在がいますが、特定のキャラをパートナーにしていないと何の前触れもなく出現するため探索中は「いつ出てくるのか」という恐怖を常に感じるようになっています。

話に関しては冒頭で書いたように暗いです。
とはいえ終始暗いというわけではなくキャラの掛け合いがそれを和らげてくれるような構成にもなっています。
キャラの生死や行動の有無によってイベントが変わることも多く、マルチエンドになっていますが、このイベントの違いによって周回プレイにも耐えうる作りとなっています。

本当はもっと色々書きたいのですが、とりあえずホラーが好きな方にはオススメできるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!くっそぱねぇ出来のホラゲ!そしてこれを見た君はDLするんだ。

2013年05月11日  

このレビューは参考になった×1人

シェアウェアだけあってインターネットのそこらで転がってるフリーホラゲより勝るとも劣らない良作でした。

まず恐怖演出が良質。突如なぞの首吊りのシルエットやら正体不明の悪霊やらも登場し確認不能による不安でプレイヤーの恐怖心をくすぶること間違いなし。

金髪おバカキャラのひよ子や悠然小声口調のロリ体系の美代子などキャラクターの容姿や挙動もきゃわいく個性的魅力もあり個々が有する十人十色のスキルを駆使しゲームを勝ち抜くための戦術性も抜群。

更には本作で中核となり追跡してくる敵のオニについてですが、この逃亡劇にはヒネリが加えてありそれはパニックに陥ると視界が水の波紋のような朦朧に襲われ劣悪になりこれによりオニからの逃亡も難しくなりパートナーのスタミナも限りがあり走りすぎると危険な状態になるなどのスリル横溢の様々なヒネリが加えてあり生ぬるい逃走ゲーに飽きている人でも十分楽しめる歯ごたえのある作品になっています。(気に召されない人も出てくるとは思いますが^^;)

良作とは唱えましたがなんも予兆もなく即死所見殺しフラグ(たとえば1F女子トイレのドッペルゲンガー)があったり、ひよ子の携帯によるヒントも大雑把なことしか掴めなかったり、ヒロインが4人と少ないせいか一人でも死ぬと戦力が大幅に落ちてしまい以後の活動に大きな支障をきたしてしまうという酷い点も見受けられたので厳密にいうと個人的な評価は中の上程度。ですが絵も上質であまつさえボイスも盛り込んでありこれで約1000円の価格は良心的な値段で手ごろ。

最後に、まだ知名度が低いのが原因かDL数が少ないのが気がかりですが、折角の良作なのでリアルで名声を博して欲しいところです。StudioBLoodyBLoom様の今後のご健闘と発展をお祈りしております。ファイト一発!StudioBLoodyBLoom!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]