同人 > 汨羅の風 > 武田の副将 内藤昌豊

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年03月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数264ページ
ジャンル

作品内容

 天文五年(1536)夏、武田家々臣工藤虎豊次男の祐長は甲府で青雲の志を抱く若武者の日々を送っていた。
 しかし、虎豊が主君の武田信虎によって手討ちとされるや兄昌祐らとともに甲斐を出奔、以後十年にわたり関東諸国での流浪を余儀なくされる。
 その後、武田家の新しき当主となった晴信(信玄)は祐長たちの浮草暮しを知ることとなり、先代信虎の仕打ちを詫びたうえで臣下に召し抱える意向を伝えた。
 心にわだかまりを覚えつつも祐長はこれを受け入れ、一族とともに甲斐に復帰し、以降は父虎豊と同じく武田家侍大将の道を歩むこととなる。
 国峰城を奇策によって無血占領し、甲相同盟の締結などに手腕を発揮する昌豊を人は武田の副将と呼んだ。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ111457
ファイル名/ファイル容量
RJ111457.zip / 6.83MB (7165296Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「武田の副将 内藤昌豊」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件