同人 > 【激奏】東方エレクトロンゲーム工房 > 東方Projectファンディスク > ゆかり様のひみつ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

この作品は春雪異変のアフターストーリーとして描かれた、コミカルなサウンドノベルゲームです。オリジナルのストーリーで展開、16人のキャラ、ステージ、原作アレンジBGMが存在します。果たして自機組3人は八雲の秘密を暴くことができるのでしょうか....。※イントロのみボイス付き。HPでPVが見れます→【激奏】東方エレクトロンゲーム工房(http://touhouelectrongamekoubou.web.fc2.com/ )

ゆかり様のひみつスクリーンショット

ゆかり様のひみつ [【激奏】東方エレクトロンゲーム工房]

イントロダクションのワンシーン。ある日魔理沙は博麗神社に咲夜を連れてくる。春雪異変解決に携わったからだというが・・・。イントロみのボイス付き!!

ゆかり様のひみつ [【激奏】東方エレクトロンゲーム工房]

八雲邸に行く途中アリスに会う。果たして八雲紫の重要な秘密を聞き出すことができるのか。

ゆかり様のひみつ [【激奏】東方エレクトロンゲーム工房]

自機組3人はスぺカ発動演出有り。ボイスとSE付き。

 

トラックリスト

  1. 1.原曲:妖々夢〜Snow or Cherru Petal

    タイトル、イントロダクションのBGM。

  2. 2.原曲:おてんば恋娘

    チルノのステージのBGM

  3. 3.原曲:クリスタライズシルバー

    レティのステージのBGM

  4. 4.原曲:遠野幻想物語

    橙のステージのBGM

  5. 5.原曲:人形裁判

    アリスのステージのBGM

  6. 6.原曲:幽霊楽団

    プリズムリバーのステージのBGM

  7. 7.原曲:東方妖々夢〜Ancient Temple

    妖夢のステージのBGM

  8. 8.原曲:幽雅に咲かせ、墨染の桜

    幽々子のステージのBGM

  9. 9.原曲:妖々跋扈

    藍のステージのBGM

  10. 10.他数曲有り。

    ラストステージ、エンディングやスタッフロール等。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ110749
ファイル名/ファイル容量
RJ110749.zip / 91.43MB (95868263Byte)
CPU
300MHz以上
DirectX
DirectX7以降

ゆかり様のひみつの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ゆかり様のひみつ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ほのぼのとしたノベルゲーム

2013年02月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

妖々夢自機三人が紫の弱点を探る、というシナリオのサウンドノベルです。

会話のヘンテコな流れやノリが東方らしさを感じさせ、とても楽しいものでした。
また、本家STGや書籍のネタが随所に散りばめられており、作者の東方愛が感じられました。

BGMもなかなか秀逸で耳に心地よいアレンジが揃っていました。
音楽鑑賞モードが無いのが残念なくらいです。

全体的に出来のよい良質の同人ゲームでした。
東方好きでほのぼのとした雰囲気が好きな人にオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]