同人 > MGnet > アイテムダンジョン

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 MGnetフォローする
販売日 2013年01月16日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-

作品内容

——アイテムダンジョン

かつて人々によってそう呼ばれたダンジョンがあった。

遙か昔に発見されたそのダンジョンは、他では類を見ないアイテムが発見され、多くの人々が先を争うようにそのダンジョンへと潜っていった。

その結果、多くの物が一財産を築き、そして同時に多くの者がダンジョンの中で骸となって帰ってこなかった……

それでも、人の欲望は止まることを知らず、ダンジョンへと潜る者は減ることなく、むしろ増え続けていった。

……だが、

地上付近の階層にある宝は取り尽くされ、探索範囲が奥へ奥へとのばされ続けるようになってから、地上へと戻ってくる者の姿は比例するように減っていった。

そして……

いつの頃からか、ダンジョンに潜った者は誰一人として帰ってくることはなくなっていた。

幾人もの戦士達が、あるいは賞金稼ぎが、盗賊が、あるいは国から派遣された兵士達が、

どれだけの徒党を組んでダンジョンへ潜ろうと、

一人として、

たった一人として帰ってくることはなくなっていた。

人々は夢から覚めたようにダンジョンへと潜ることをやめた。

すでに宝はなく、ダンジョンに眠るのは恐ろしい魔物だけだと、

いつしかそんな噂が流れるようになり、誰もそのダンジョンに近づくことはなくなった……

そうして一年、二年……十年、二十年が過ぎ、

人々の記憶野中からそのダンジョンの存在は消えてしまっていた。

だが、

そんな記憶から風化したダンジョンを、国から買い上げた変わり者が一人。

その変わり者の名はテオフラトゥス。

天才とも変人とも呼ばれる錬金術師。

彼はダンジョンを買い上げるなり、人を求めた。

このダンジョンへと潜ることのできる者を。

そして……



*動作には【RPGツクールVXAce RTP】が必要です。
以下のページから無償でダウンロードできます。
http://www.famitsu.com/freegame/rtp/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ109288
ファイル名/ファイル容量
RJ109288.zip / 77.42MB (81178883Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アイテムダンジョン」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(3)

ひたすら合成&リロード

2017年02月14日  

このレビューは参考になった×0人

まず作者のHPに行って修正パッチをダウンロードしてください。こちらはVer.1.0のままです。
アイテムを売ってお金を稼ぎ、ドロップアイテムを使って装備を合成する。これをひたすら繰り返す。装備は何になるかほぼ確定できない上に時々失敗するので結構なリロードが必要です。装備が合成できない最初のうちが大変ですが、サクサク進むようになると楽しくなっていきます。
ただレベルに見合わない高レベル装備を作っても本来の力は発揮できないので、見極めが難しい。またプレイしやすいようには作られていないので、そのあたりが許容できるか体験版で確かめてからがおすすめ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ダンジョンRPG好きにおすすめ

2016年12月27日  

このレビューは参考になった×0人

気が付くと延々とプレイしてしまっていました。
システムは5人パーティを作り、ダンジョンに潜り、帰還して武具を合成する、そしてまたダンジョンに潜るを繰り返します。
単純ではありますが、ダンジョンRPGで潜るのが好きな方には堪らないかと。
個人的にはとても気に入っていてプレイ時間も長時間に渡るのですが、説明書に不足している事項が多いので補足しておきます。

・最初に作る初期5人固定で、他のキャラクターを追加で作成等はできず、職業・グラフィックも変更不可。
・ただし、職業は上位職業へランクアップ可能。初期が下級職だとすれば、中位職、上位職が存在する。ランクアップ方法は合成でたまに出てくるクラス名のアイテムを使用するだけだが、ランクアップ先は固定のため適応する職でない限りはランクアップ不可能。ちなみに、上位職全てが2回行動可能とかなり強力。
・フリーファイターの詳細。確率行動とは確率で行動回数+1(1ターンにもう一度動ける。上位職ならさらにもう1回)になる特性。全ての武具を装備可能だが、能力は可も不可もない平均値。
・武具はダンジョン内で出現することはなく、ダンジョン内では魔法・特技を覚える書とお金、素材のみが出現。拠点で素材を使い全ての武具を作成していく。ランダム生成のため、狙う場合はランクを見定めた上でリアルラックが必要。
・ボスは特殊な書を1体につき1点所持している。
・10階更新する度に、階段にショートカット階層が表示されるようになるが、更新のタイミングに注意が必要。例えば、50階まで到達していたが、敵ドロップ回収で1階に戻り22階で帰還すると、ショートカットが20階になってしまう。

上記あたりは調べても出てきませんので、ご参考にしてください。
あと、物理反射と魔法反射を行う敵が隠しを含め色んなところに出現しますので、それを考慮したパーティをお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

果てしなくランダム…

2014年01月18日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ランダムマップとランダムアイテムの入った宝箱。
このため、最初期からメガとかギガとかテラとかオメガとか付くスキルなどが手に入るものの、アイテム運が悪ければ初期能力に見合ったスキルなしで戦わされることもある。

シンボルエンカウント方式の各階層に、一定階層ごとの中ボス。
中ボスを撃破することによる、階層移動がショートカット出来るようになる。。
宝箱を開けてスキル書や特殊素材を入手。
敵と戦って経験値とお金とドロップ素材を入手。
階段に到着する事で、さらに潜るか地上に戻るかを選択。
これを繰り返して下層を目指す。
地上に帰ってきて素材でアイテムを合成し、装備を強化する。
単純に、この作業の繰り返しである。

アイテム合成までランダムなため、人によっては狙ったアイテムが出るまでリセットを繰り返すこともしばしばあるだろうが(私なんかがそのクチだ)、ひたすらシンプルに完成された作品だろう。

ちょっとした時間潰しにもなるし、やり込み始めたらのめり込み倒すこともできる。

派手なグラフィックや萌え絵などはないものの、だからこその傑作と思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

とんでもねえ戦闘力インフレwww

2013年04月03日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ほんの数分前まで劇的に苦戦していた相手にすら、ちょっと頑張れば相手の体力の数百倍のオーバーキルをたたき出せちゃうようなゲームです。

半端じゃない勢いでキャラが成長していくのが楽しい!
ディス◯イアでLV9999とか軽くこなしちゃう人は絶対楽しいですよコレ!!

同じツクールVX仕様のらんだむダ◯ジョンみたいな繊細な作りこみはありませんが、システムを派手に改造しててくれてて
「戦闘もレベル上げも好きなんだけど飽きた」って人はきっと新鮮に楽しめると思います!

時間制限して、何分以内にどこまで強くなれるかとかもすごく楽しそう!
余計なストーリーだの説明だの全くない、シンプルイズベストを体現してるゲームです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

兆単位のインフレが売りのRPG

2013年03月19日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

謎解きは皆無で戦闘に特化してるのが好みに合ってて良かった。

最初は暗中模索状態だが要領を掴めれば一気に楽しめるようになる。

どんなに敵が強くなろうともこちらもそれ以上に強くなってワンターンキル出来るのが本作最大の魅力と言えるだろう。
しかし、本編クリア後のおまけで戦える最後の最後のボスだけは例外なので要注意。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]