({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年01月15日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
総計 1.3GB

作品内容

西暦2413年、突如ゼイル・ヴァンロードと名乗る者が宣戦布告をし、
地球はナイトタイプと呼ばれる人型巨大兵器によって侵攻された。
そしてわずか一年後、地球は全土制圧され、ゼイル・ヴァンロードの支配下となり、
人類は暗黒の時代に突入した・・・。
しかし、その中で、一つの小さな光が目を覚ました・・・。

鷹村剣次が個人で脚本・監督・編集・デザイン・作画・美術・CG作製・映像の全てを手がけた
オリジナルロボットアニメーション!

CAST
狭間星十:日野あたる
ファユナ・クート:渡瀬柚子
エルクン・クート:哲也
ゼイル・ヴァンロード:高村賢次郎

STAFF
BGM:魔王魂
効果音:魔王魂 鷹村剣次
主題歌:響古「Feels happiness」

COLOR/本編58分/16:9/MPEG動画/2.77 GB/NTSC/DOLBY DIGITAL

※ただいまキャンペーン中!
本作品をお買い上げし、このページまたはご購入者様のホームページ・ブログなどに
レヴューを書き、鷹村のメールアドレスにその旨を知らせていただいた方に、
無料でDVD版をプレゼントします!
鷹村のメアド:kenj1r0@hotmail.co.jp

※サンプル動画は本編の冒頭から16分ぐらいまでを収録したものです。

※ダウンロードできるファイルはZIP形式です。解凍すると動画ファイルが出現します。
 動画ファイルはMPEG形式です。Media Playerなど対応している動画再生ソフトでご覧ください。
 心配な場合はサンプル動画(無料体験版)をダウンロードしてお試しください。

※DVDパッケージ版も、鷹村剣次のホームページ内で販売します!
 詳細はこちら
 鷹の住む村:http://takanosumumura.web.fc2.com/anime.html

注意事項

キャンペーンにつきましては、DL.siteでは関与しておりません。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「星の騎士セインバース」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!荒削りな魅力あふれる、隠れた傑作?

2017年01月24日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

サンプルを一見しただけでは、全体的にカクカクとした素人くさい絵面、エフェクトも安っぽい印象を受ける。また1時間という相応な長さでファイルサイズも1Gを超えており、1200円という価格も無料動画が溢れてる現在においてはやや高くも感じられ、購入の敷居は高いと思われる。自分も勧められた時は話のネタのついで、どうせ素人の作ったアニメなのだからと、まったく期待はしていなかった。
実際に見始めると、荒削りな映像の作りは、次第に気にならなくなるどころか、味のある表現に思えてくる。キャラクターの表情や動作は想像していた以上に豊かで洗練されており、喜怒哀楽が確かに伝わってくる。声優さんの熱演によるところも大きい。ちなみに本作の悪役であるゼイルヴァンロードの声は作者様ご本人が担当している。
王道的なシナリオ展開、クドさのない省略化した演出でありながらも肝心な部分は抑えられており、設定周りもしっかりしていて視聴後にちょっとした考証に耽るのも楽しいなど、褒めたい部分は多いが、やはり一番の魅力はキャラクターの造形にあると思う。気がつけば主人公とヒロインに感情移入し、1時間はあっという間に過ぎ去り、感動のフィナーレを迎えているだろう。

2017年1月現在まだ7本しか売れてないが、そのうち4人が自分の知ってる人で、見た誰もが本作を高く評価していた。熱い感想をブログに書いた人もいた。次はあなたが本作に触れて、熱く語って欲しい。埋もれてしまうには惜しい傑作のひとつである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]