同人 > 根無し草 > 夢の絆 > 夢の絆 第二話「白雪のシンデレラ」

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年01月06日
シリーズ名夢の絆
年齢指定
全年齢
作品形式
同人ゲームデジタルノベル / わさびの味のわかる大人向け伝奇風ファンタジーノベル
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット83
ジャンル

作品内容

「案内をしてやろうか——地獄への扉というモノに」


 螢一に淡い恋心を抱く朔夜。彼女の想いを応援しようと策をめぐらす夜枝&日向。平穏なる日常の影でしかし、闇は確かに動き始めていた——

 神隠しに偽装し、もう一つの神成研究・「強化人間計画」を実行する謎の二人組の次なる狙いは——朔夜。その動きを察知した理沙子は、ある対抗策を用意する。

 朔夜の中に眠るもう一人の『彼女』——二人組の裏で暗躍する真なる黒幕たち——

 瑠璃の神楽に呼び覚まされ——白雪の想装式が解き放たれる——!!

■プレイ目安■
・2時間〜2時間半ほど

■収録作品■
・夢の絆 第二話「白雪のシンデレラ」
・夢の絆・残月抄
・わびさびブロードキャスター

作品情報/動作環境

作品番号
RJ107689
ファイル名/ファイル容量
RJ107689.zip / 405.12MB (424799986Byte)

夢の絆 第二話「白雪のシンデレラ」の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夢の絆 第二話「白雪のシンデレラ」」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!熱いバトルと熱いセリフと

2013年05月11日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

今回はバトル分多めでお送りします。
最凶のわさびの使徒との特訓やら陰謀を巡らせる敵側とのバトルが熱い。

「天照」をライトなコメディメインで「神様側の圧倒的な力で周りの人間を振り回す」とするなら、逆に「神様の世界の陰謀に捲き込まれた人間が王道少年漫画のように力を合わせて立ち向かっていく」というモノだろうか。
どちらにせよ、同じ背景世界の、相互に影響を与え合った作品群ではあるのだけど。
「天照」のシリーズとのリンクは、このサークルの作品を順番に読む事がある意味前提と化しているようで、先に「天照」側を全部読んだ後「夢の絆」を読んだ身としては「あれ?」な部分があったが、きちんと順番に読んでいけばさらに話の繋がりが明確になってより一層楽しめるだろうと思える。
実際、ネタ確認の為に発売登録順に読み直したらネタの繋がりがよくわかって面白かったし。

ある意味厨房設定全開な伝奇とも言えてしまうこの世界。
ギャグやコメディパートの「もうやめてあげて!」レベルのわさびネタや、ベタベタコテコテのラブコメのゆるさ軽さ。
だからこそキャラのシリアスな情景やセリフがより際立っている。
大人ならでは、親ならではのさり気に鋭く重い言葉が投げかけられ、「ギャグシーンではあんなにヘッポコなのになぁ」と言うギャップもまた、この作品群の魅力と言えるのだろう。
絵柄が相変わらず、と言えば相変わらずなので些か好みが分かれる部分が大きいだろうが、シナリオは面白く、BGMも素敵なので、名作と思える。

表裏両面で敵の姿が提示されたので、きちんと続編に続いてほしいところ。
背景絵や立ち絵の小ネタは今回も健在で、見付けるたびに笑わせていただきました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]