({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 MCSフォローする
販売日 2012年12月02日
シリーズ名戦渦のマリア
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数210ページ
ジャンル
ファイル容量
360.23MB

作品内容

2015年3月時点

購入を検討されている方へ:

現在内容を改定するための執筆を行なっております。
年単位の時間がかかりますが内容を後日完全に新しいものに差し替える予定です。
何卒ご留意ください。



革命は胎動する。

1941年初夏、止まっていたゾロトフの時計がついに動き出した。

ヴァシュリクス共和国の侵攻に晒されている大国プラウダ貴族連邦。
1921年この国は帝政打倒を掲げ民主革命を成し遂げた。
しかしその中心的役割を果たしていた大貴族ゾロトフ家の民主化への想いは他の貴族の裏切りによって潰えた。

それから20年。

かつて帝政打倒を掲げた父の意志を継ぐゾロトフ家長女アレクサンドラは
このヴァシュリクスの侵攻における国内外の動乱を好機と判断し、
水面下で再び革命を成し遂げんと待ち続けていたゾロトフの時計は今再び時を刻み始める。

ヴァシュリクス共和国が引き金となった西方大戦は
様々な思惑をはらみ歴史の渦は予想だにしない方向へと加速してゆく…

全210ページ、ページサイズ2048×1536ピクセル、解像度264ppi
MAC 及び iPhone4 SideBooks 動作確認済み

注意事項

バージョンアップに関しましては予定事項となります。
ディーエルサイトコムがこれを保証するものではありません。
現段階の作品内容にご了承を頂いた上でご購入下さい。

戦渦のマリア 総集編 2巻の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「戦渦のマリア 総集編 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件