同人 > PGぐま > アドベンチャーゲームの作り方

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 PGぐまフォローする
販売日 2012年09月25日
年齢指定
全年齢
作品形式
同人ソフトその他 / unityプロジェクト
ファイル形式
その他
ジャンル
-

作品内容

unityでアドベンチャーゲームを作成しました。
製品版は体験版で遊べるアドベンチャーゲームの
製作工程毎(v00〜v20)のソースコードおよびunityプロジェクトです。
(各工程ごとの解説はつきません!ご注意ください!)

動作は動かないと困るので
必ず体験版を動かしてみてからご購入ください。

ゲーム自体は仕様も薄く見た目貧相な感じですが、
学習難易度的にはまったくのプログラミング初心者には厳しいと思われます。
日々、仕事でプログラムに振れる機会があったり、
趣味で週末にはプログラムを組むような方でない場合は
他のプログラムの入門書を2〜3冊読んでからのほうがいいかもしれません。

【製品版の目次】
v00:空のシーンを作成します。
v01:メーカーロゴを出します。
v02:フェードイン・フェードアウトをします。
v03:タイトルロゴを出します。
v04:ステージシーンにフェードイン・フェードアウトを付けます。
v05:エンディングシーンにフェードイン・フェードアウトを付けます。
v06:シーンの遷移処理を作成します。
v07:タイトル画面にカーソルを付けます。
v08:ステージシーンにキャラ(赤)を出します。
v09:ステージシーンにキャラ(青)を出します。
v10:ステージシーンにちゃぶ台セットを出します。
v11:イベントリストから会話ウィンドウを出せるようにします。
v12:イベントリストからキャラにアクションをとらせるようにします。
v13:イベントリストにウェイトをいれられるようにします。
v14:イベントリストから選択ウィンドウを出せるようにします。
v15:イベントリストの選択ウィンドウで分岐ができるようにします。
v16:イベントリストからカメラワークができるようにします。
v17:会話ウィンドウをだしっぱなしにできるようにします。
v18:キャラクタの会話データをつけます。
v19:カメラワークをつけます。
v20:効果音・BGMをつけて完成です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ102867
ファイル名/ファイル容量
RJ102867.zip / 65.05MB (68206364Byte)
その他
PC上でunityが動く環境

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アドベンチャーゲームの作り方」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件