同人 > OBLIQUEGLASS > Asteraiserのしくみ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月09日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数28ページ
イベントコミックマーケット82
ジャンル
-

作品内容

ブレードアクションSTG「Asteraiser」のシステムを徹底解説!

「ゲームの中身はどうやって動かしているの?」
「ゲームのデータってどうやって作っているの?」
そんな疑問にできる限りお答えします。

ゲームの作り方を知りたい方、既にゲーム作りをされていて他のやり方が気になる方、
ゲーム作りに関わりがなくても、純粋にゲームの構造に興味のある方にも。
同人界隈でも珍しい、実際のゲームで使われている技術を取り扱う貴重な一冊です。

概要

当サークルが発表した「Asteraiser」のシステム・データ構造を解説した本です。
極力ソースコードを直接云々することはしないで、
データの中身やゲームの仕組みを説明していく趣旨になっています。

・画像を切り抜いて表示するスプライトと、その組み合わせのしくみ。
・パーティクルを使ったエフェクト、それを発生させる制御のしくみ。
・敵のパラメータや思考アルゴリズムを記述する仕組み。
・メニューの選択項目や開閉アニメなどを制御するしくみ。

おまけとして、一部キャラのラフ画・プログラムの行数なども収録。
さらにはゲーム本編のウラワザも!?

も く じ

  • 1 はじめに
  • 2 XMLのしくみ
  • 3 スプライトのしくみ
  • 4 エフェクトのしくみ
  • 5 当たり判定のしくみ
  • 6 敵のしくみ
  • 7 攻撃のしくみ
  • 8 ステージのしくみ
  • 9 メニューのしくみ
  • 10 おわりに
  • ◆ あとがき・おまけ

作品情報/動作環境

作品番号
RJ102098
ファイル名/ファイル容量
RJ102098.zip / 5.68MB (5960052Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Asteraiserのしくみ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!制作のノウハウが詰まってます

2015年06月02日  

このレビューは参考になった×1人

実際にゲームで利用したデータやゲーム内の各オブジェクトのしくみが解説されており、ゲーム制作をするうえでとても参考になります。
またSTG以外のジャンルを制作する上でも参考になる点が多いと思うので、他のジャンルのゲーム制作を考えている方にもおススメできる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ゲーム製作の舞台裏

2014年06月24日  

このレビューは参考になった×1人

ゲーム製作の舞台裏、主にプログラム的な側面から解説しておられるテキストです。
どういう構造、どういった実装(といってもコードの記述はないのですが)でゲームが作られているかという具体例は非常に参考になります。
単なる利点を示すだけでなく、欠点、反省点もしっかり挙げているところがよいですね。

プログラムだけでなくゲームデザイン、レベルデザイン的な側面からも解説が欲しいなとは思いましたが、価格、分量を考えるとこのくらいが妥当なのでしょうね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]