({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年08月23日
シリーズ名チワワ探偵シリーズ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
22.69MB

作品内容

「イタズラならもっとめちゃくちゃな番号で一〇桁全部書きますよ。あそこにあった公衆電話の電話帳をめくってみましたけど、335Xは、ここ七ノ木坂周辺の区内局番と一致していて、おかしいのは505だけなんです」
 クレスの瞳はじっと能代を見据えている。話の核心はこれからだと訴えている。
「何が言いたい?チワワ」
「この505には別のメッセージが託されているんじゃないかと」
「別のメッセージ?」
「SOSです」
「SOSだと?」
 見ようによっては数字の505はSOSに読めなくもない。だが、探偵小説にどっぷりと漬かった子どもじみた発想に、能代は頬をひきつらせた。
「そりゃまた突飛な思いつきだな」

私立のお坊ちゃん学校に通う少年チワワこと千輪那(ちわな)クレスと、警視庁の刑事であるシロケンこと能代監物(のしろけんもつ)が事件を解決に導く、1話完結型本格推理小説。シリーズ第1弾。
全52ページ。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「幸福なダイヤ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件