同人 > タイニィ・アリス > プリンス・プリンセスRシリーズ > プリンス・プリンセスR

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年06月24日
シリーズ名プリンス・プリンセスRシリーズ
カップリング
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数92ページ
ジャンル

作品内容

大金持ちの一人息子で生まれつき体の弱い幸村は、医者から転地療養を薦められ、幸村の乳母の息子で幼馴染でお目付け役の真田と一緒に、空気の良い場所での落ち着いた静養を求めて、陸の孤島のような山奥にある超進学校の男子校に入学する。
しかし、学園祭の余興のミス・コンテスト、ミスター・コンテストに二人が選ばれ、無理やり余興の結婚式を挙げさせられた所から計画が狂う。ミスコンは全国区で活動する演劇部が娘役を探す、隠れオーディションで、欠席が多く単位の足りない幸村は、謎の音楽教師、榊に単位と引き換えに演劇部の娘役をやることを薦められ、卒業のため嫌々、学園のお姫様をやることになる。
プリンス・プリンセスシリーズに登場するサブキャラクターの、不二の先代の姫である「歴代で一番の絶世の美人姫と誉れが高い白雪姫」こと幸村と、手塚の先代の王子である「白雪姫を守って歩いている」と言われる真田と、味方がいない不二を色々とサポートしてくれる「白雪姫の七人の小人」こと立海メンバーをメインにした姉妹シリーズ。
プリンス・プリンセスRのサンプル小説>> http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1030913

作品情報/動作環境

作品番号
RJ097722
ファイル名/ファイル容量
RJ097722.zip / 27.02MB (28333310Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

プリンス・プリンセスRの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリンス・プリンセスR」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件