同人 > 文月の猫 > このはなさくや 第一部:砂上の月天

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

平凡で退屈な日常と、平凡で退屈な自分の、両方を嫌って暮らす
白河 夕(しらかわ ゆう)という、平凡に屈折した高校生がいました

毎日は繰り返し
時間は平等で無価値
行く先なんて、ベルトコンベアーで流れていくのと同じコト
何かが「出来る」のと「出来ない」のは、きっと初めから決まってる

彼は「当たり前」が横行する「日常」が嫌いでした
そんな日常なんで壊れてなくなってしまえばいいと、ごく普通に思える程度に

そしてある日、本当に唐突に

「日常」の真逆の世界、それこそ漫画やアニメの中のような「非日常」が
『白河 夕』の目の前に広がります

          * * * *

      自分が生きてきた「大嫌いな日常」
             と
    目の前に広がった「夢にまで見た非日常」

その選択を選ばされた時、あなたはどちらを取りますか?

          * * * *

彼は迷いませんでした 「どちら」かは、言うまでもないでしょう
これは、そんな一人の少年の「とある物語」です

選択の意味も
そこに至った理由も
全ての始まりの、その『始点』の場所も……

何一つ理解出来ないままだった一人の少年の「とある終点」です

作品情報/動作環境

作品番号
RJ089106
ファイル名/ファイル容量
RJ089106.zip / 109.81MB (115148030Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「このはなさくや 第一部:砂上の月天」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件