同人 > 土塊 > 土塊ホラーシリーズ > アカとテケテケ零

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

次々とホラーゲームをリリースする
土塊ホラーシリーズの第6弾。

■■■■■■■■■ストーリー■■■■■■■■■

狂気の都市伝説が 今 始まる・・・


キャスト・ドリームという会社に勤める
「草薙 麻美(くさなぎ まみ)」は
友人の「まさ子」と「加代」と楽しく働いていた・・・

そんなある日、友人の加代が何者かに惨殺されてしまう・・・
その加代の携帯に届いていた「アカアカアカ・・・」と言う文字

それは今この街で流行っている
「アカとテケテケ」という都市伝説に酷似していた・・・。

「アカアカアカ・・・」書かれたメールが届くと
次の日に必ず殺されるという都市伝説・・・。
そしてついに、まさ子や麻美の携帯にも
「アカアカアカ・・・」書かれたメールが届いてしまう・・・。


貴方は「都市伝説」に秘められた謎にたどり着き
生き残る事が出来るだろうか?



■■■■■■■■■■特徴■■■■■■■■■■■
特徴1 選択肢によりシナリオが変化!

特徴2 豪華声優陣を採用!
    その臨場感を体験せよ!

特徴3 圧倒的美麗映像が
    ゲームの世界を盛り上げる!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【オススメプレイ順番】
ゲームを一番楽しむために
以下の順でプレイする事をオススメします。
(1)死の霊園 零
(2)書いてある 零
(3)生と死の穴 零
(4)こっくりさんの墓 零
(5)災いの日本人形 零
(6)アカとテケテケ 零←今表示中のソフト
(7)廃校の七不思議

なお、本作品は「シリーズ」とうたっていますが
この作品単体でも十分 お楽しみいただけます♪



より詳細を知りたい方は、下記のページまでお越しください。
http://www.ripple.gr.jp/~tuchikure/teke.html

作品情報/動作環境

作品番号
RJ088915
ファイル名/ファイル容量
RJ088915.zip / 123.91MB (129933443Byte)
CPU
Pentium 以降
VIDEO
65536色 (TrueColor, 16bit) 以上
DirectX
DirectX9 以降
注意事項
この作品は
「アカとテケテケ(RJ070612)」
「土塊ホラーシリーズ 全部パック 第二弾(RJ072395)」
と一部内容の重複があります。

アカとテケテケ零の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アカとテケテケ零」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

シリーズ第6弾はてけてけ

2017年11月14日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

従来の都市伝説「てけてけ」が半年前からこの街限定バージョンでアレンジされ、
ヒロインの同僚である加代が惨殺されてしまう。
無差別と思われた犯行だったが、意外な共通性があり・・・

変わらずに雰囲気のある絵が特徴で、夜中に一人でやるのがおすすめです。
今作だけでも楽しめますが、シリーズものであるため
ナンバリングどおりにプレイした方がより楽しめます。
(特に3番目の生と死の穴は軽くネタバレあり)

このシリーズでは初めて刑事が出てきますが、
そのためか少し毛色が変わって推理色が若干あるような。
時々出てくる違和感の正体を明らかにしないと生き残れない・・・かも?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]