同人 > Okashi Studios > Shira Oka: Second Chances

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

白丘-セカンドチャンスはプリンセスメーカーやときめきメモリアルの流れをくむアメリカのカリフォルニア州で開発された恋愛シュミレーションゲームです。

白丘-セカンドチャンスは主人公が過去にタイムスリップし、高校生活をやり直すという設定から始まります。

もういちど与えられたチャンスでなりたい自分になるのか、あこがれのあの子と高校生活を満喫できるのか、それとも一人寂しく高校生活を過ごすのか。それはあなた次第です。

Feature
?従来の恋愛シュミレーションからは想像できない展開があなたを待っています。
?40時間以上遊べる要素満載!
?10以上のマルチエンディングストーリー。
?攻略状況によって開放されていくグラフィックやミニゲームなどの隠し要素。
?クワークスコマンドによりいつでも進行状況や攻略状況をより便利にチェックする事が出来ます。
?オリジナル作家による書き下ろし細かな動きやリアルな口の動きを通して、画面の中の女の子たちがあたかもそこにいるかのように動きます。
  ?70枚以上の背景、100枚以上のイベントグラフィック、50枚以上のアクティビティムービーに加え、20枚以上のイベントムービーを装備!
?オリジナルの主題歌やBGMも収録!キャラクターのボイスはNYAVプロデュースのアメリカ人声優が担当!

※MacOSX版も同梱しております。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ088846
ファイル名/ファイル容量
総計 1.92GB
RJ088846.part1.exe / 700MB (734003200Byte)
RJ088846.part2.rar / 700MB (734003200Byte)
RJ088846.part3.rar / 565.73MB (593210154Byte)
メモリ
1GB
HDD
2GB
VIDEO
OpenGL
注意事項
この作品は「英語」で書かれた作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Shira Oka: Second Chances」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!全文英語ですが、力作です

2014年04月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

高校生活の約3年間を勉強や運動、デートなどのスケジュールを決めてやり繰りする初代ときメモ風の恋愛SLG。若干ファンタジー要素があり意外な展開があります。会話中の選択肢が多く、たまに時間制限があります。ミニゲームは2人目攻略した時点では未確認ですが、おそらくGallaryで追加されるものと思われます。

私は英文の意味がなんとなくわかる程度の学力ですが、勉強になると考えて購入しました。お勧めの読解法は知らない単語を飛ばして、とにかく多くの文章に触れること。すると似たようなシチュエーションで同じ単語があるのに気付きます。例えば、相手が落ち込んだり怒っている時に「upset」という単語が出てくるので、この単語はそういう意味だと推測できます。そうやって単語の意味を推測していくのも楽しみ方のひとつだと思います。残念なことに、音声は会話冒頭などの一部のみなのでヒアリングの訓練にはなりませんが、リズムや雰囲気は感じられると思います。

このゲームで私が最も評価している点は、「議論」と「ポジティブ思考」です。キャラクターは各々が異なる趣味・主張を持っていて頻繁に意見が衝突します。例えば、古典文学が好きな子とマンガが好きな子が「マンガはくだらない」「マンガは物語も楽しめて絵も楽しめる」と議論していて、それに対して貴方がどちらを支持するのか選択を迫られます。また、落ち込んでいる人や貴方をポジティブな言葉やユーモアのある会話で励ます場面が多くあります。大きな問題の解決法が力押しではなく、調査・考察・提案・実行といった実に社会的な方法なのも好ましく思います。そこに日本のアニメ・ゲームに無い良さを感じました。

最近のアニメ・ゲームに物足りなさを感じる人や、スランプ中のクリエイターの方、学生や教育関係の方にやってもらいたい作品です。値段はそんなに高くないので、息抜きのつもりで気軽に買えると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]