({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年01月05日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
385.1MB
動作環境
※すべての環境での動作を保障するものではありません。

作品内容

『汝が正解なりや』

僕が目を覚ますと、目の前が真っ白で、ただ思考内容が文字として投影される———

この場にいるのは僕を含め、男女四人———この中に一人、人工知能が紛れ込んでいる。

それを暴け、というのがこのゲームのルール。

会話しかできない空間で、人間と人工知能の限界へと挑むゲームだ。

そうして、一人が告げる。

「なぁ、『しりとり』しようや」


———————そうして僕ら、人工知能と人間の、ルールを無視した駄弁り遊びがはじまった。



キャラクター


アレックス(A)
エセ関西弁を操るムードメーカー。
騙し合いの場において遊ぼうとか言い出す彼の行動は果たして…?
たぶん男。
「俺のこと変態みたいに言うんやめてや…」


ベティ(B)
几帳面な口調の真面目さん。
そのせいかアレックスによくイライラさせられる。
おそらく女。
「ゲームマスタァーッ! 参加者をブチ殺す方法を教えろッ!」


カルマ(C)
ひらがなしか出力できない謎キャラ。
もしかしたらアレックス以上にこのゲームを楽しんでいるかもしれない。
きっと幼女。
「しりとり も できない やつ に なに が できる」


ディック(D)
主人公、基本的に人を信用しない。
ジメジメとしつつ刺々しく他人に接する最高に主人公らしくない奴。
男のはず。
「了解っちゅ☆」



————————舞台は近未来、4人の人工知能が騙し合うというよりもただ駄弁って遊ぶサウンドノベル、どうぞお楽しみ下さい。



※後半にてシリアスとなりますのでご注意ください。

作品情報/動作環境

CPU
Intel Core 2 Duo 1.2GHz以上
メモリ
2GB以上
HDD
空き容量400MB以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「汝が正解なりや」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件