同人 > タイニィ・アリス > プリンス・プリンセスシリーズ > プリンス・プリンセス1

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年01月05日
シリーズ名プリンス・プリンセスシリーズ
カップリング
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数100ページ
ジャンル

作品内容

親の海外転勤で、陸の孤島のような山奥にあるほとんどの生徒が寮に入って、有名校を目指すという超進学校の男子校に突然転校することになった不二は、転校した早々、学園祭にて生徒会と演劇部主催のお姫様コンテストに優勝して無理やり演劇部が用意した衣装のウェディングドレスを着させられ、同じく王子様コンテストで優勝した手塚とその場で模擬結婚式を余興であげさせられてしまう。
 そのコンテストは当然男子しかいない演劇部が、女性役をやってくれる生徒を探すために毎年行われている隠れオーディションで、姫に選ばれた生徒の安全を確保するために、「ナイト役」として王子様も同時に選ばれる慣わしなのだった。
 娯楽の少ない山奥の男子校で、不二が女役で出る演劇部の公演は連日超満員の大人気。
 そんな進学校で唯一全国区のテニス部にて、超高校生級のテニスプレイヤーで東京から特待生でやってきた手塚は、背も高く、寡黙で、成績も良く、地元の素朴な生徒達からは一目置かれる存在だが、オクテで不二を守るナイトとしては頼りなく、生徒会長であり演劇部部長で学園に君臨する跡部や、同じく東京からやってきた遊び人の千石や、同じクラスの菊丸に出し抜かれる日々を送っている。
プリンス・プリンセスのサンプル小説>> http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1030138

作品情報/動作環境

作品番号
RJ088494
ファイル名/ファイル容量
RJ088494.zip / 91.13MB (95554694Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

プリンス・プリンセス1の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリンス・プリンセス1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件