DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 伊澤屋フォローする
販売日 2011年11月16日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
6.93MB

作品内容

前作『皇軍超架空小銃』に続き、昭和20年で日帝が亡ぼされなかったら?皇軍がそのまま存続しジェット時代に入って「大日本帝国空軍」が独立したら?との想定で描いた戦記。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「帝空十万人」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

帝国空軍

2011年11月17日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

オリジナルのミリタリー系読み物です。

大日本帝国が現代まで続いていて、とい前提で空軍創設からその後までの物語が書かれています。
戦闘機の図なども出てきますが、どちらかというと文章中心で、リアルな国際情勢や時代背景を元にしておりじっくり読んで味わえます。また、組織体系などもよく考えられており、架空ものながら全体的にリアリティの高い作品ですね。

この系統が好きなら価格も手頃ですし購入してみてはいかがでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]