同人 > 飛ぶ黒猫 > ショートショート・ライブラリー > 夢の続き

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年09月07日
シリーズ名ショートショート・ライブラリー
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数18ページ
ジャンル

作品内容

サークル『飛ぶ黒猫』のショートショート・ライブラリー第3弾です。
 前作、前々作のホラーやSF系とは一味違った、ほのぼの、不思議系を中心に、
明るめの構成となっています。
 東日本大震災からの復興の思いを込めたエピソードも収録しています。全18P


 今回は東日本大震災から半年を迎えるにあたり、息の長い支援が必要と考え、
手数料を除いた利益全額を9月30日までは「中央共同募金会」「日本赤十字社」を通して、
それ以降は支援団体などに寄付する予定です。詳細はHPでも掲載しています。

収録作品紹介(一部)

小説を書いていた私。
ふと、居眠りをしてしまった私が起きた瞬間、そこは別の世界で…

『夢の続き』


街に不思議な印象を持ち、散策することにしたが、
空き地のはずの場所に一軒の家。そこから聞こえてくる音に惹かれて行ってみると…

『八月の魔女』


未曾有の災害が起きた、新興の街。
復興に力を注いだ私。あの時のように祭りの音が聞きたくて。

『祭りの音』


アパートの前に、見知らぬ女の子が立っていた。
そして、何故か僕の部屋にいる。君は一体誰なんだ?

『ときしぐれ』

・・・・他3編の全7編。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ083146
ファイル名/ファイル容量
RJ083146.zip / 689.45KB (705996Byte)
その他
Adobe reader8以降
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

夢の続きの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夢の続き」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!七色に味付けされたSSを召しあがれ♪

2011年09月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ちょっとだけ不思議な味付けの七つのオリジナルショートショート。
けれど、その味付けは七色あって……。
狐の嫁入りに題材をとったフォークロアなものから、時を越えるSF調のもの、果てはシュールなオチに笑えたものまで……。

忙しない日常を離れて、誘い込まれたい脇道への道しるべとならん。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!夢の続きを夢見て

2011年09月17日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

何か続けて読むのが勿体ないような味わい深い掌篇が七本。
『SF』 を 『少し不思議』 とルビ振った今は亡き彼(か)の人を、ふと、思い出す。
ここに綴られているのは、そんな 『少し不思議』 なエピソードばかり。
珈琲ブレイクを挟みながら、夢の続きを夢見るのも愉しそうだ。

彼(か)の地への思いも届きますように。。。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]