同人 > Cool Palace > DOUBLE OUT > 萌えるダーツ漫画 DOUBLE OUT 4th leg

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2011年07月12日
シリーズ名DOUBLE OUT
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

あなたダーツ部に入りなさい、返事はYESよ!!」

沢村唯は白馬女学園(はくばじょがくえん)1年生。
元々はバスケの選手だったが怪我のため断念。
しかし生徒会長でありダーツ部エースの「小野寺優子」に
そのシュートコントロールの腕を買われてダーツ部に
スカウトされる。

そこで唯は変則のバスケ投げで才能の片鱗を見せ優子
にダブルスのパートナーとして指名されるが優子を
「お姉さま」と慕う綾瀬雪乃の反発によりパートナーの
座をかけて一週間後ダーツで勝負することに。

一週間ダーツの基本的な事を勉強した唯。
かくして試合は始まった。

序盤は互角のスタートを切るも唯のミスから
雪乃が大きくリードを取る。

そして突然唯の腕が動かなくなり…。

唯vs雪乃決着編。
お姉様のパートナーはどっち!?

「COMITIA96」(2011年5月4日)で発行した
オリジナルダーツ漫画第4弾のDL版です。(全4巻)

表紙込み50ページ
本編マンガ45ページ

1巻が期間限定お試し価格でDL販売中ですので
お読みでない方は是非そちらからお試し下さい。
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ072640.html

2巻はこちら
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ074745.html

3巻はこちら
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ077524.html

作品情報/動作環境

作品番号
RJ080532
ファイル名/ファイル容量
RJ080532.zip / 133.24MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

萌えるダーツ漫画 DOUBLE OUT 4th legの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「萌えるダーツ漫画 DOUBLE OUT 4th leg」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ダーツがやりたくなりました。

2012年01月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ダーツは友人に連れられて1度やったきりなのですが、またやりたくなりました。

こちらのサークルさんは、18禁作品で何度か購入したことがありますが、ストーリーも暖かくいい作品を作っていて、気に入っていたサークルさんなのですが、ダーツものを作っていたとはこちらで初めて知りました。

初心者ながらバスケ仕込みの天才的なコントロールを見せる唯と、王道を行く経験豊富な雪乃のバトルに決着がつきます。1巻から4巻まで一気に読んでしまいました。萌え・燃えの両方で非常に引き込まれた作品です。一応の一区切りのようですが、是非続きが読みたいですね!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]