同人 > CAVYHOUSE > マヨナカマヨイガ > マヨナカマヨイガ前編

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 CAVYHOUSEフォローする
販売日 2011年08月25日
最終更新日2012年08月13日
シリーズ名マヨナカマヨイガ
シナリオ y0s
イラスト 善乃
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

「その家に人は住まず、迷い込んだ者は帰ってこない、か・・・」
「・・・コッチヘ オイデヨ」

サークルCAVYHOUSE製作ゲーム第二弾は、和風脱出ゲームです。
突然に閉じ込められた古い屋敷から、手がかりを集めて脱出して下さい。
主人公キャラの「はももる」が、3Dリアルタイムアニメーションで歩き回ります。主人公キャラの「はももる」が、3Dリアルタイムアニメーションで歩き回ります。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ074021
ファイル名/ファイル容量
RJ074021.zip / 209.4MB (219568061Byte)
CPU
1GHz
メモリ
256MB
HDD
500MB
DirectX
9
その他
Microsoft .Net Framework 2.0以降 / XNA Framework 3.1

マヨナカマヨイガ前編の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「マヨナカマヨイガ前編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女性視点(2) 伝奇(2)

おすすめ!異界に閉じ込められてみませんか?

2012年10月06日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

閉じ込められた屋敷から脱出する3Dゲームです。
この屋敷が、幻想的でありながら、閉じ込めた者を出さないという悪意すら感じられる不気味で恐ろしいつくりになっています。そのため脱出しようとする主人公に共感でき、ストーリーと合わさって物語に引き込まれていってしまいます。
クリアした後にはアイテムを探索することができるようになり、やっていくうちに本編中では分からなかったことが明らかにされていきます。それにより後編への興味が高まり、続きを知りたいと思わせるつくりになっています。
謎解きではまってしまうとちょっと大変ですが、それが苦にならないのなら楽しめます。
幻想的な雰囲気が好きならば、やってみてはどうでしょうか? 楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!陰翳礼讃

2011年10月24日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

不思議な魅力のある3D脱出ゲームです。
伴天連の恰好(!?)をした(お米好きのw)女の子を操作して、謎のからくり屋敷からの脱出するまでを描いているのですが・・・

・・・この屋敷・・・

外が暗闇であるにもかかわらず、大きな影を落として佇む、色とりどりの舶来の置物や家具・・・なんとも不思議で不気味な魅力をかもしだしておりますよ!?

このゲームはアドベンチャー要素も多分に含まれているので、単なる脱出ゲームとは違い、ストーリーに重きを置いているのが特徴です。
クリア自体はあまり詰まる事もないのですが、そこに至るまでには伏線というべきストーリーが隠されているので、とても奥が深いです!!

そして上記の影の演出により、深みと味のある作品に出来あがっております!

ゲームには前半と銘打たれてますが、これだけでも十分すぎるほどのクオリティだと思います^^
どうやら私もこの家に引き込まれたのかもしれません・・・

もしよければ、アナタもこの光と影の織りなす不思議な世界に行ってみてはいかがですか・・・?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]