同人 > 一発やる会 > 論文もどき > 誰でも上手く絵が描けるようになる方法(選択的描画論)

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年12月21日
シリーズ名論文もどき
年齢指定
全年齢
作品形式
同人誌その他 / 電子書籍
ファイル形式
その他
ジャンル
-

作品内容

※限定:本日から8月末まで、残暑お見舞いセール開始です!('∇')
※この機会にぜひどうぞ!
----------------------------
◆有意義な実験結果がでましたので、販売価格の調整を行いました。
※実験による特価セール終了いたしました。
※先見のお客様、ご愛顧ありがとうございました(>_<)
※価格は上がる方向で調整されますので、ご購入を検討なさる方は、お早めにお願いどうぞ('∇')


絵の描き方についての方法論です。
25年余りの間、実験、研究していたものを図解にて論文テイストでまとめました。

『どうすれば評価される絵が描けるのか?』

きっと、多くの方がぶつかる問題だと思います。
心理学や哲学、経済学の手法を用いた当論説を通じて、
読者様が何かしらの解決の糸口を掴んで頂ければ幸いです。

ノウハウ本や実用書、自己啓発本のような気軽な読み物としてお楽しみください。

◆——オススメの方
1、絵の描き方に困っている人。
2、物作りに行き詰まっている人。
3、『一発やる会』の研究に興味がある方
4、『一発やる会』を応援したい方。
※皆様のご期待に感謝し、新たな実験への資金とします。

◆——オススメしない方
1、現在の絵の描き方に満足している人。
2、一般的な技術教本を探している人。

◆——仕様
1、PDF版300dpi
2、PDF版150dpi
3、JPG版(A4印刷300dpi対応)
※各10ページ(表紙・あとがきを除く)
※全てA4印刷サイズです。

◆——余談
当サークルや某所にて、当論文の小さい画像サンプルを公開しています。
http://sirimetu.blog90.fc2.com/blog-entry-1391.html
※PDFや印刷用の大きめのデータが必要な方は、当製品版をお買い求め頂けると嬉しいです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ071300
ファイル名/ファイル容量
RJ071300.zip / 16.46MB (17259792Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

誰でも上手く絵が描けるようになる方法(選択的描画論)の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「誰でも上手く絵が描けるようになる方法(選択的描画論)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

考えて描く人向きかも

2011年07月18日  

このレビューは参考になった×3人

絵が全く描けない人が上手に描けるようになるための方法ではなく、ある程度絵心のある人が、より注目される(上手に見える)絵を描くための方法(理論)が解説されています。
自分のように「これから絵が描けるようになりたい」と思っている場合はちょっとハードルが高すぎるかも。
フィーリングではなく、考えながら絵を描くタイプの方には向いて良そうです。
イラスト系のコミュニティサイトでランキング上位を狙っている方などは、目を通してみるとよいかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]