同人 > スタジオみるくてぃー > 月は見ている

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年11月25日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

とろとろと、常にまどろみの中にいるかのような異母兄妹、斎と朔夜。いつまでも一緒だと、思っていたのに——(月はみている)

“私——森沢みくはレズだ、と最初に言い出したのが誰なのか、私は知らない。いつのまにかその噂には尾ひれがついていて、気がつけば中学校中でまことしやかにささやかれるようになっていた。”
レズだ、と噂されているみくのクラスに、ひとりの女の子が転入してきた。彼女は孤立しているみくに、あえて近づいてきて—— (傷痕)

生まれた時からずっと、18年間、館の中で本ばかり読んで暮らしてきた少年・ラルスは、あるとき行き倒れていた旅人——魔法使いの青年・アヴァリアを拾う。
アヴァリアの話す外の世界に興味を抱き、いつか自分の目で見てみたいものだと思うラルスだったが、彼には外に出ていけない理由があった——(外の世界)

ひどい花粉症のおかげで卒業式でのピアノ演奏に失敗してしまった香織は、新たな花粉症の薬を求めて薬局を訪れる。
そこで見つけた見慣れない目薬を買ってさしてみると、どういうわけか他人の頭からフキダシが生えて見えるようになり……!?(あなたのココロが見えちゃうゾ☆)

ウェブからの再録と未公開作品、計4本をまとめました。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ070105
ファイル名/ファイル容量
RJ070105.zip / 32.13MB (33689954Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「月は見ている」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件