({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年09月08日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
7.29MB

作品内容

何一つ目印なしに進んで、熱風に口をふさがれ、怒張してくる頸の脈搏、熱い蒸気は女の体のいたるところから、汗をしぼり出し、皮膚の表面を水溜りにする。
もう全身は捩れた細紐。皮膚は汗を吸い蒸気にまみれ、面積を拡げて、女の小さな実体をチリのように中に閉じ込めた大袋になってしまう。
どこまでも拡がる皮膚の内部、女から剥離していった白い平原が細い三角のさざなみ模様を描き、ずっと向こうには白い山脈がうねうねと続いている。
宇宙全体が白い波頭をたて、女は彼女の匂いのまだ一杯残る自らの表皮の翳に、現在が穏やかで静かな記憶のように溶解する。
島さち子の発想の面白さ、自由さをあなたに!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「くぐりぬけた女 島さち子」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件