({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年09月07日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
25.24MB

作品内容

誰が、わたしをかたって死んだの? 自分が死んでいるという、すっぱさが胸にくる。
大雪のなかでは、それがそんなに大事件だとは、とても考えられない。
祖父は死体がわたしでないと認めるだろう。いや、死体は面がわりする、祖父は死体がわたしだと認めるだろう。
誰もわたしがわたしであることを認めてはくれないのだ。わたしに蘇生はあるのだろうか?
もう一度、二度目の生涯を探し出すか、つくり出すかしなければならない。
忘れなければならないのは、一生目。二生目の服を身につけても、復習でもするように、以前とそっくりの皺をつくることになりはしないか‥‥。
現代文明の中での自己喪失をテーマに、自からの存在を追及した、イメージ小説です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「白を踊れ 島さち子」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件