({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年09月04日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
9.66MB

作品内容

体というものは、さらさらしているものなのね。
ほんとに体らしい体は、無色無臭のきれいな細かい粉末からなっていたのよ。
しじゆう体をこぼし、風に吹き飛ばし、気づかずにいた。
誰もが、こぼした体の粉を、そそそ、そ、と吹きながして、くぼみに吹き溜めるという風に、時に舞い上がりもしているらしい。
女は、湿疹のできた胸をスカーフで覆って外にでる。地震だ!地平線も、水平線もふわふわ、山の稜線もふるふる。
人声が女の髪に小さい蝶を結び、リボンになって、はなれない。
震えてみえるのは、全部聞こえる、みんな歩調をあわせた共鳴現象なのだ。
女は突然、モモンガみたいな子供達に囲まれ身動き出来なくなる。
これは報復なの?それとも?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「粉になった女 島さち子」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件