({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年09月03日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
17.34MB

作品内容

彼女がペンの一点を見つめていると、ペンは自然に動きはじめ、神様神様と書き続けることになってしまう。
彼女が必死で書いた神に祈りながらペンを置くと、彼は息を引き取っている。
神は死神だったのだ。彼の死を見つめることの困難さと、混乱!
死を呼び込んだことを、彼をかえりみなかったことで、彼女は自分が許せない。
「こんな風に、こんなやり方で・・・・フフフフフ・・・・と笑って話ました」
「運命が一夜で変わったのねえ、どっちが死ぬにしても、先に死ぬほうが勝ちよ。と決勝打を打つようにぬけぬけといいました。
 後に残るのは自分だと知っていて、言い募りました」
「こんな風に、彼を看取る最後の時間を・・・・」と。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「サテウルヌスの孫 島さち子」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件