({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年09月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-
ファイル容量
15.94MB

作品内容

わたしに似ているのかもしれない女性の後ろ姿がいく。
彼女がほんの軽くうつむくと、路面に白墨の矢印がこぼれている。
素早く描く矢印は、狂いのある機械のユーモアのように、ときに、長かったり、小鳥の足跡のように短かったり、
間隔を置きすぎることもあるが、非意図的に描かれる筈がなく、必ず到達点に達する筈の矢印に違いないから、わたしは、それをつけていく。
人間存在を追求した、ポー、カフカ、ドストエフスキーの流れを汲むドッペルゲンゲル物語と、
伊藤整は評し、大岡昇平は、作者の才能は文学的に高い水準にあり、存在のエコーに賭けるとまで選評しました。
あなたも島さち子の世界に遊んで見ませんか

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「存在のエコー 島さち子」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件