>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年08月20日
最終更新日2014年05月31日
シリーズ名DAGGER
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

何気なく足を踏み入れた路地裏で、青年は、奴隷として売り出される少女と出会う。
虚ろな目で地面に座り込む少女を見過ごすことが出来ず、青年は、少女へと手を差し伸べた。

少女に己の悲惨な過去を投影した青年は、少女に生きる術を教えることを決意し、
何一つ持たない少女は、戸惑いながらも師弟関係を受け入れた。

「どうして、そこまで、してくれるんですか?」
「一人で住むには、この家は大きすぎるからな」

心を閉ざした少女と孤独な青年が織りなす、不器用な共同生活。
それは、過酷な環境にいた少女にとって、驚くほどに穏やかなものだった。
青年の優しさに触れる度に凍てついた心が溶かされることを
少女は、次第に意識するようになっていく。

最強であるが故に人から外れた青年と、最弱であるが故に人から外れた少女。
相反する孤独な点は手を取り合い、やがて、それは線となる。

視点切り替えシステム

主人公とヒロインの視点を切り替えながら進行することで
互いの想いや感情をより深く、より細やかに描きます。

・自分の行動に対する相手の反応
・口には出せないで、胸の内にしまいこんでいる感情
・本人の耳に入らないからこそ、他の人に打ち明けられる想い

本来なら見る事のできない部分を描くことで、
広がり、絡み合い、深まる物語をお楽しみください。

キャラクター

ヒロインたちの立ち絵集合になります。
右から順番に
人間の姫君    リース・ランドバルド
主人公の幼なじみ ユイ・カルナス
主人公の弟子   アイシス・リンダント
魔族の姫君    セレノア・グレイス
ロアイスの軍師  ファーナ・ティルナス
精霊族の少女   マナ・フランドール
精霊族の戦士   キシス・フランドール

作品情報/動作環境

作品番号
RJ065904
ファイル名/ファイル容量
RJ065904.zip / 208.73MB (218869426Byte)

DAGGER 戦場の最前点の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「DAGGER 戦場の最前点」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!私はこのシリーズで妹萌えに目覚めました。

2013年01月31日  都田雄介 さん

このレビューは参考になった×0人

オリジナルの本格派ファンタジーノベルゲームです。選択肢はないので、電子ノベルと言った方が正しいかも知れません。
 プレイ時間は大体8〜10時間くらい。小説3冊分くらいのボリュームがあるので、値段を考えるとかなりお得です。
 登場人物も多めで、立ち絵のあるキャラクターがなんと二十人を超えています。それでいて各キャラの外見や個性がはっきり分かれているので、「このキャラ誰だっけ?」となることはないでしょう。あと、個人的に女性キャラの立ち絵に色気を感じます。特にユイとファーナ。
 王道をおさえながらも凝ったシナリオで、続きが気になる展開が連続している辺りが見事。そして、ファンタジー物だけあって戦闘シーンが多く、特に魔法が重要なウェイトを占めていますが、注目すべきは論理的な戦術思考ですね。主人公がとても洞察力に優れている上、頭の回転も早いので、終始頭を使って戦っている様が見応えありです!
 が、なんと言っても私が一番魅力を感じたのはヒロインのアイシスです! 後ろ向きな性格だった彼女がどんどん成長していく様が見ていて小気味よいです。
 ちなみに体験版でも一時間くらいの長さがあるので、ぴんと来た方はプレイしてみては如何でしょう? 雰囲気がよく分かると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]