({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

この世界は命で溢れている。
 大地や海、空に住まうすべての生き物が種の存続のために日々を懸命に生き、食物連鎖と弱肉強食の世界で自分たちが生きていることに疑問を持つことはない。
どうして自分が生きているのか——それに疑問を持つのは文明を持つ者だけだ。
死ぬまで考えてもその答えが出るのは稀で、きっとその答えに辿りついた者は幸せだろうと思う。
永遠の命を持つが故にその命を終わらせることが出来ない吸血鬼マリーア…
他人よりも命を永らえることが出来ず生きる意味を見出せない青年聖司…
二人の出逢いがお互いの運命を変えて行く——

永遠の命を持つことが果たして幸せなのか——
あなたはどう思いますか?

作品情報/動作環境

CPU
Pentium以降(2300MHz以上)
メモリ
64MB(128MB以上推奨)
HDD
1.08GB
DirectX
DirectX3以降(DirectX9以上推奨)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「吸血鬼~ヴァンパイアウィズデッド~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

命と生きることの意味

2010年04月09日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

戦争を経て、吸血鬼の存在が当たり前になった現代、現実とほぼ同じ日本を舞台にした作品。
作品紹介の通り、短命の青年と弱点の無い吸血鬼が出会い、生きるということを考える物語です。
中の雰囲気は淡々としていて、壮大な展開も、どんでん返しもありません。吸血鬼という設定も、あくまで舞台装置。
肝心なことは、短命の者と長命の者が出会って感じ、考えること。どう生きるかという命題一つです。
絵柄が独特なので、そこの好き嫌いはあるでしょうが、命について語る、どこか儚い物語。興味のある方は是非。
…END、彼らがたどりつく一つの答えは、壮絶で儚い。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]