同人 > ARE > ムは夢中空間のむ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 AREフォローする
販売日 2010年02月03日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数112ページ
ジャンル

作品内容

気弱な少年、カエデは母親の調停離婚のせいで親戚の家でで暮らすことになった。
同じ年のはとこ、まひるに車椅子のチャコおばさん、作家の珠恵おばさんと、個性豊かな新しい家族に翻弄される毎日。
そんな折、彼は夜な夜な家にあらわれる「如意」なる化け物と遭遇する。
どうやらカエデは、神霊の類が見える得意体質「見鬼」らしい。
異形の敵の襲来に戸惑う少年を救ったのは「いざなぎ流太夫」を名乗る謎の美少女、橘れんと仏壇に棲む悪霊の『ともえさん』だった。
続いて襲ってきた「異国の式王子」も、三人は見事な連携プレーを見せて撃退する。
その後、カエデは橘れんの正体について珠恵おばさんに訊ねようとするが、突如として彼女は逆上し、包丁を振りかざしてきた——
一方、町はずれの人形博物館では夜な夜な「顔のない幽霊」が出るという噂が……。

挿絵、華師と著者、朱鴉更紗が送るホラーバトル風青春恋愛グラフィティライトノベル。
1〜3巻の完結編までのセットになってます。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ058499
ファイル名/ファイル容量
RJ058499.zip / 49.74MB (52161053Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ムは夢中空間のむ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!小説もいいものです。

2010年04月07日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

三巻セットの同人小説。コミカルな雰囲気と文体で進む、実は結構重い話。かなりの部分軽いノリで吹き飛ばしてくれますが。
オカルト関係に少し興味のある人なら多分知っている民間呪術、いざなぎ流が主人公達の武器。この時点で個人的なツボをストライク。
呪術、伝承など、細かい部分でマニアックな用語、物体が目白押しで、マニア心をくすぐられました。
メインキャラにまさかの巴御膳がいらっしゃいますし。よもや能楽の技を使われるとは予想外であります。
物語は、周囲をかなり巻き込んで多くの被害を出すものの、中心にあるは一つの家族のドロドロしたいざこざ。
そして、初恋成就のために頑張る少年の話。巻き込まれ型傍観者に見せかけて、実は滅茶苦茶凄いぞ主人公。
民間信仰などのオカルト方面に特化した物語が好きな方、そうではないけれど、細々した設定や用語にわくわくする人におすすめ。
知識など無くても問題なく読めるので、バトルもの好きな人、誰かのために全力で頑張る物語が好きな人にも。
価格も630円と、だいたい文庫一冊分ですし、ライトノベルとして適正な値だと思います。
…あと、中一なのに巨乳過ぎると思うんだ。そしてりんちゃん哀れ。砂漠の狐とかどこで仕入れた知識ですか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]