同人 > Supplement Time > 未来の歌と、つながるヒトミ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「なんて嫌なヤツ」

 出会いは最悪。顔を合わせば険悪。話せば最悪。
 アナタとワタシ。
 お互いに何も知らなければ、何も変わらなかったのに。

 けれども、私達は知ってしまった。

 一人よりも二人のほうが楽しいということを。
 唄が、人と人でない存在の垣根を越えられることを。
 交わるはずの無かった二人が一つになって、生まれた新しい音を。
 知れば知るほど、私達が深い場所でつながることができることを。

 私達二人で奏でる新しい『歌』は、
 心と心をつなぎ、優しく響いて世界へと拡がっていく。
 きっと、いつかあなたの元へにも——

作品情報/動作環境

作品番号
RJ054062
ファイル名/ファイル容量
RJ054062.zip / 246.23MB (258191161Byte)
CPU
Celeron 566MHz 以上
メモリ
256MB 以上
HDD
300MB 以上
VIDEO
800×600 High Color
DirectX
Ver.3.0 以降
その他
Direct Sound対応カード

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「未来の歌と、つながるヒトミ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ツインテール(3) ロボッ娘(2)

おすすめ!三部作も購入っと

2012年05月15日  

このレビューは参考になった×0人

実は言うと、三作品全て一括購入してます。
一作品から最後まで、ノンストップで見てしまったので
8時間かかりました・・・
が!それに見合う楽しさと感動をいただきました。

ボカロで作曲している人ならわかると思いますが、ミクのじゃじゃ馬っぷりが実際に画面上で行われてる錯角に陥ると思います。

なにより網野さんの画力と、ストーリー構成と、音楽の選曲までもが素晴らしいので・・・

初○ミク好き&網野さんの絵に惚れた人&ボカロ作曲者&ボカロを知らない人&一般の人は購入するしかないと思うよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

癒されます。

2010年08月16日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

○今作で3作品目となりますが、クオリティを下げる事無く安心して読めるノベルですね。今回はメインヒロインをミクに戻してきて他のキャラも何人か出て来ますが、ミクの魅力を引き立てる様に上手く演出しています。途中で流れる挿入歌も上手く出来ていて良いです。
○次回作もあるようでしたら期待しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!もう可愛くて甘くて悶えて…これが愛だ!

2010年02月04日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

ミクへの、ボーカ○イドへの、そして歌への愛が伝わりすぎるゲーム第三弾。
スタッフが増えなさったようで、ストーリーのクオリティなどはさらに上がっています。
でも、根底にあるのはやはり愛。紹介文にある通りミクが可愛くて仕方がない人なら、やって全く損はありません。
あと、少女漫画的な、甘くて読んでるこっちが悶えてくるような恋愛が好きな方にも。
大切なのは歌、歌おうとする心、それはきっと、誰かに届く。そんな、物語です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]