同人 > シークエンス > 銀と金の魔物の寓話

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年08月01日
最終更新日2009年08月06日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数62ページ
ジャンル

作品内容

銀の魔物の隣には 金の魔物が 寄りそうと言う…


遠い 遠い昔の物語 ——


ある嵐の晩、北の森・別名「魔の森」を統べる銀の髪の魔物—ジーク—は
金の髪の子供を手に入れた。

あれから十年——

金の髪の子供は、美しく成長し
ジークの中に、魔物には有る筈のない想いが芽生え始める。

そうして、人間と魔物では、これから先も共に歩む事が出来ぬ事に気が付くも
少女を自分たち「闇の世界」から、人である「光の世界」へと戻す勇気がなく
しかしそんな時、少女の身に——?


ジークが願うのは、少女の幸せ
そうして少女が願う幸せは、そんなジークの傍に居続ける事。



人間と魔物の恋物語が 今始まる ——





シリーズもので、今回は
出会いの1話『銀と金の魔物の寓話(グウワ)』
続編の2話『闇の刻印(ミシルシ)』の2話で
お届けいたします。

ノーマル好きな方、乙女思考大好きなかた是非。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ051851
ファイル名/ファイル容量
RJ051851.zip / 1.09MB (1143062Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「銀と金の魔物の寓話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

小説もいいものです。その5

2010年10月01日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

互いの違いに悩みながら、求め合う手と手をなかなか繋げない、そんな二人の純愛物語。
具体的には、「好きだから」だけで全て解決できるわけではないけれど、
「好きだから」解決しようとできるんだ、ということに気付くまでの物語、ですかね。
作品内容の通り、乙女思考な恋愛譚が大好きな方々は是非に。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]