同人 > WLCソフト > 姫巫女RPG > 姫巫女RPGII~白き翼とふたりの女神~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年04月05日
最終更新日2009年11月10日
シリーズ名姫巫女RPG
作家 ユウコ
シナリオ ユウコ
イラスト ユウコ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

『姫巫女RPGII 〜白き翼とふたりの女神〜』は女の子主人公の恋愛RPGです。
 今作は、『姫巫女RPG』の二作目にあたりますが、フリーで配布している一作目から70年以上の月日が経ち、主人公を含めほとんどのメンバーが入れ替わっておりますので、
 一作目をプレイしていなくても十分にお楽しみいただけると思います。

 プレイヤーは魔法学舎に預けられた身元不明の少女となり、皇族にしか生まれないと言われている特殊な容姿のせいで、大国の戦争に巻きこまれていきます。
 マルチエンディングマルチストーリーで、恋愛エンドの他に、友情やお笑い系のエンドもあります。

 この世界における魔法は錬金術と類似しておりますので、魔法を覚え、材料を採取し、合成して、魔法アイテムを作ることがゲームの中心となります。
 採取材料は60種類、合成で作りだせる魔法アイテムは72種類、魔法を覚えたり読み物として存在している書籍の数は100冊です。
 採取したり作成した魔法アイテムは、魔法覚書に記録されていきますので、すべてのアイテムを入手作成して魔法覚書を完成させるのも楽しいかと思います。

 また、仲間にできるキャラは20人以上、それぞれ個性的で得意武器も違い、覚えるスキルも違ってきますので、強い仲間で楽をするもよし、弱い仲間を育て上げるもよし、ご自由にお楽しみいただけます。

 クリアまでのプレイ時間は20時間程度ですが、周回プレイでのニ周目以降は、かなり時間が短縮できると思います。

 キャラクターやゲーム内容につきましては、HPの方に紹介ページもありますので、体験版とあわせてご購入前の参考にしていただけましたら幸いです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ048203
ファイル名/ファイル容量
RJ048203.zip / 29.16MB (30575539Byte)
CPU
Intel(R) Pentium(R) III 1.0GHz相当以上
メモリ
256MB以上
HDD
空き容量100MB以上
その他
RPGツクールVX RTPが必要

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「姫巫女RPGII~白き翼とふたりの女神~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ずきゅん、ときました

2009年12月11日  

このレビューは参考になった×3人

『恋愛』RPGです!

ゲームとしても凄く楽しいんです!
魔法覚書を埋めていくのは燃えました。本を読んで採取して合成して、役立ちアイテムがどんどん出来るのは嬉しかったし相当楽しかったです。
メインストーリーもフリーパートまでどんどん進んでいってワクワクして面白かったです。

けれど、『恋愛』RPGでした。キャラエンドが、最後にやったキャラエンドが・・・やられました。
王道な感じはしてたんですが、個別イベントで徐々に盛り上がっていって・・・エンディングでやられました。素敵だ。
キャラエンドは他にも切ない系、オレについて来い系、甘え系、友情系など他にも色々あってどれも良いです。自分は王道系がドツボでしたが・・・。

さらにエンドを見たキャラは1週目クリア後にいつでも行けるようになるおまけ部屋で、エンド後のちょっとした会話(?)が楽しめます。
びっくりするくらいデレデレになってる人、ピンク色になってる人、つれない人と、こちらも色々楽しめます。ちなみに王道な人はここでも素敵でした。

その他のエンドでは、フラグを満たすと強制的にエンドを迎えるエンドが特に面白かったです。強制的、ってところが特に。笑いました。

というわけでエンディング数は結構ありますが、周回プレイで引き継がれないのはレベルくらいなので2週目以降はかなりサクサク遊べます。
さらにストーリーをきちんと進める事ができれば1週目の終盤に「キャラエンドのフラグがきちんとたってるかどうか分かるようになるアイテム」
を合成することが出来るようになるのでキャラエンドも到達しやすくなります。
エンド後に出るパスワードをおまけ部屋で入力できるので、同じデータで複数のエンドを見て保存する事もできて親切設計です。

ちなみに前作プレイ済みの人は所々(本の作者とか)でニヤリとできると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]