({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年02月23日
シリーズ名鬱とエロスと委員長
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数28ページ
ジャンル
ファイル容量
19.28MB

作品内容

普段は鬱々と希死概念にとらわれる
辛い日々を送りつつも、
好きな人の前ではデレデレな
「鬱デレ」がテーマの学園恋愛物。

ヒロインは眼鏡で優等生で委員長。
そんな鬱デレ。

鬱とエロスと委員長の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「鬱とエロスと委員長」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!油断してオチでやられた

2009年03月17日  

このレビューは参考になった×6人

「鬱とエロスと委員長」シリーズ第一作です。
主人公「倣騨(ほうだ)圭介」と「江志波 舞依」との出会いから恋愛関係の芽生えまで
が今作で描かれている内容です。奥付、裏表紙含め28p。
主人公は屋上でひとり煙草を吸うのが好きな不良少年で、彼がその憩いのひと時を
委員長の出現によって打ち壊されるところから物語は始まります。
不良少年とは言っても髪を染めて煙草を吸う程度のもので、一人でいるのを好む、
そして委員長のパンツには赤面しちゃう可愛らしい一面もある普通の高校生ですので感情移入し易いと思います。
委員長こと江志波は鬱状態でないときは上品で思いやりのある優等生のようです。
倣騨との出会い以降彼に大胆なアプローチをしていく積極性も持ち合わせています。
そして今作では倣騨とほとんど一緒にいる、つまりデレデレなのでその鬱っぷり
優等生っぷりはあまり発揮されていませんが、そのおかげで全体の暗さが薄らぎ
読みやすい印象があります。

恋人になるまでの距離感やその過程ではなく、恋人になってからどのように彼女と
接していくかがこのシリーズ全体で描かれています。
また鬱と銘打たれていますがその鬱という言葉の魅力に頼った漫画ではないことだけは
確実に言えます。
会話のテンポや展開の早さなどもよく、読むのに苦労したりイライラしたりということは全くありませんでした。
絵に関しては好みが分かれると思います。しかし建物や道などが丁寧に描かれており
人物がそこにいるという印象を感じました。
「鬱」の一文字で距離を置いてしまいそうな方でもお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オクスリが部屋中に散りばめられた裏表紙。鬱少女の胸の内は?

2011年11月17日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

私の属性には眼鏡も委員長もありません。絵柄買いでもないです。
それではなぜこの作品を購入したかというと、鬱デレという響きに純粋に興味を持ったからです。

偏見ですが、鬱ならば恋愛をするキッカケなど無いと思います。
ところがこの鬱少女は、あるキッカケから不良気味の学生と親しくなります。
彼氏と過ごしている間は、鬱っぽい様子は彼女には見られません。
ひょっとしたら、彼氏に「依存」することで精神の安定を保っているのかもしれませんし、
作外では懊悩しているのかもしれません。

次第に、そんな彼女の心のうちを何とか追いかけてみようと思うようになりました。
まんまと作品に取り込まれていった訳です。
現段階で私が思うに、この彼女は鬱だけでなく、躁鬱なんじゃないかと思うのですがどうなんでしょう。
なぜなら、彼氏に激しく迫るシーンがあったので。

鬱少女が今後どうなるのか、彼氏がどう巻き込まれるのか、非常に気になるところです。
続編も買うと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

鬱とエロスを混ぜたようなお話です

2009年07月13日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

鬱だ…死のう…、といった雰囲気を漂わせている委員長・江志波 舞依をヒロインに描かれた、一風変わった学園恋愛ストーリーです。
まず登場シーンから飛ばしていて、いきなり屋上の柵を乗り越えようとしたり、パンツ丸見えで主人公の上に落っこちたりしています。
その後は主人公にデレて頻繁に彼に会いに来たり、主人公に寄りかかって唐突に眠ってみたりと段々と行動がエロくなっていくのが良かったです。
委員長の何気ない仕草の一つ一つが妙にエロく、18禁ではないのに18禁ぽい雰囲気でドキドキしてしまいました。
ただ軽い気持ちで読んでいると最後のシーンでショックを受けると思いますので、何を言われても驚かない心構えで読むと良いかもしれません。
値段も手頃なので、サンプルを見て気に入ったのなら買いです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

鬱鬱鬱

2009年05月27日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

絵柄に惹かれて購入
私は寡聞にして知らなかったのですが、鬱デレ・・・世界は広い。

絵は若干癖があると思う、好き嫌いは分かれそうだが
妙にエロイというか色っぽい。
ヒロイン舞依のむちむち感は何だか凄い。

シリーズ1作目という事で
鬱気質の委員長(舞依)と斜に構えた主人公の出会いと変化が主になっています
鬱っ気は差ほどでもないので青春漫画としても十分楽しめる作品

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]