({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2007年03月16日
最終更新日2012年10月08日
シリーズ名DAGGER
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
120.72MB

作品内容

剣と魔法の世界を舞台にした、
オリジナルファンタジーノベルゲームです。

心を閉ざした少女、アイシス・リンダント
心優しく傍にいてくれる幼なじみ、ユイ・カルナス
博識で思慮深い、ファーナ・ティルナス
素直になれない優しさを持つ、セレノア・グレイス
いつも無邪気に笑顔を振りまく姫君、リース・ランドバルド
以上の5人が、攻略対象です。

シナリオ3000KB(推定プレイ時間:40時間)の超ボリューム。
アイシス・リンダント攻略可能な体験版を配布してますので、
よろしければ、まずは、そちらをプレイしてみてください。

※注意※
制作側の諸事情により、アイシス・リンダント以外のイベントCGがありません。
また、立ち絵のないサブキャラが存在しますので、
ご了承の上でご購入をお願いいたします。

-あらすじ-
人間、魔族、精霊族
三種族が食糧を求めて巻き起こした凄惨な争いは、
前大戦として、語り継がれていた。

その前大戦の生き残りであるティスト・レイアは、
人並み外れた力を持て余して、
人里離れた小屋で、一人静かに暮らしていた。

月に一度と決めている、街への買出しに行った、その帰り道。

凍てつく路地裏で、涙も流せずに虚空を見つめる少女と出会った。
捨て置くことが出来ず、そっと、手を差し伸べ…
静かに、物語の幕が開いた。

-システム-
視点切替により、主人公とヒロインの心情を余すことなく表現し
臨場感溢れる戦闘や、キャラクターたちの口には出せない想いを描きました。
ファンタジーの世界に欠かせない草原や街並みの雰囲気を醸し出す、
ときに優しく、ときに激しく、ときに寂しい素敵な音楽たちに彩られて
青年と共に戦禍を歩む少女たちとの絆を描く物語です。

DAGGER 戦禍の絆の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「DAGGER 戦禍の絆」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ファンタジー(2)
DAGGER

2018年04月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

綺麗な絵柄

2007年07月27日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

原作なしのオリジナルデジタルノベル。
作りは一見したところADVだが、選択肢は殆どルート決定に費やされているので、やはりノベルといえるだろう。
なのでルートが決まったら、出てくる選択肢に臆することなく読み進められる。

絵柄は淡く繊細。
特に力の入っている場面での、細部の書き込みは必見。
ノベルはオーソドックスなファンタジー世界を舞台にしており、世界設定自体には突飛すぎる設定はない。
だが、所々苦笑してしまうような展開があり、そこは広い心で暖かく見てあげたいところだ。
それ以外では大よそ悪いものではなく、心理描写を丁寧に描いていて好感を持てる。

サークルホームページにバージョンアップ情報アリ。
確認されたし。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]