({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2007年02月18日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数58ページ
ジャンル
ファイル容量
33.96MB

作品内容

ダメーな侍・的兎卯衛門は主君である端野定繁が
適当に始めた下野攻めに参戦するため
手勢20名程度を連れて屋敷を出るが
持ち前のダメさを発揮して道中出会う困り人を
助けなければならないことに…
今作はダメな卯衛門がダメなりに苦悩する姿と
彼を支える、妻で用心棒・おのんと側近・細吉の心理も交えながら
追剥騒動の解決にあたる(巻き込まれる)お話。

時代考証完全無視、徹底して適当な時代劇。
PDFファイル-本文54p

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「適当侍~武蔵野道中~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ほのぼの(2)
たまにはちょっと

2007年10月01日  

このレビューは参考になった×2人

エロを中心に扱っているこの手のサイトで、オリジナルの非エロの萌えがあまり感じられない作品を出しているところにある種の好感を持ち、その一方ダウンロード数(現時点で75)が少ない割りに評価が高く(現時点で評価数43。評価マーク最高)というところに関心があり、買ってみた。
結論からいえば、60ページ弱でこの値段は安くはないよなあということ。普通のコミックスなら一巻買えるぐらいだから。
しかしそれでも評価が低くならないのは、作品そのものの価値のためだろう。かくいう私も最高をつけさせていただきました。
何かを差し置いてでも、とは言わないけれど、たまにはちょっと、エロ以外の違うところにお金を使ってみたいかなと思ったときなどに、実際に目にしてみたらどうかなあ、なんて思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ゆるーい中にも光るものがある人情時代劇

2007年07月11日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

いや…これは面白いですね。適当に買ったのに大当たりでびっくりしました。

とことん根性なしだけど人の良さだけで人望を集めてそうな主君、卯衛門。
その根性なしに愛想をつかしつつも、頑張って支えている妻、おのん。
そして世の無常に諦観しつつも二人を、家を守ろうと頑張る近臣、細吉。

全体としては軽いノリで読みやすさ重視なのですが、それぞれのキャラの造型、掘り下げは深く、人情物としてうまくまとまっています。
時代考証は確かに相当ぶっ飛ばしてますが…まぁそういう部分はあまり問題ではないでしょう。
話を構成する上での舞台設定の役割さえ果たしていればオッケー、という考えのようです。

けっこう細かい伏線のようなものも張られていて、続編で生かされてくるのかなと思うと楽しみですね。
これはいい買い物をしました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

この御一行に混ざりたい

2007年07月03日  

このレビューは参考になった×4人

ちょうど時代劇ものの漫画が読みたくて、たまたま見かけて軽い気持ちで購入したのですが、予想以上に気に入りました。
「適当な時代劇」と銘打ってはありますが、適当には見えない、しっかりした内容だと思いました。
ちょっと頼りない殿様は、その態度にもどかしく思いつつも応援したくなる不思議な魅力を持っている…かな。確かにダメーな感じだけど、底抜けのお人よしっぷりが憎めません。
彼を支える妻や側近との信頼関係にぐっときて、適当大好きな家臣たちの馬鹿騒ぎに笑って・・・この道中に混ざったら、大変そうだけどそれ以上に楽しそうだなぁ。
人情話が好きな人は、読んで損はないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]