({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 EDIO-EMITフォローする
販売日 2006年10月12日
シリーズ名彼と彼女のソネット
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数52ページ
ジャンル
ファイル容量
26.46MB

作品内容

K○non、二次創作です。
佐祐理と舞のその後、第1巻です。

彼と彼女のソネットIの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「彼と彼女のソネットI」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

一度は誰もが

2007年08月15日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

K○non原作のコミック。
原作を知っていれば、一度は誰もが考えたことがあるだろう、佐祐理と舞のその後。
同居する3人、それまでとは何もかも違う生活の中で軋みが現実化する。

佐祐理が話の中心なわけだが、考えてみれば舞のルートでは佐祐理の補完はされていない。
その補完のために、様々な衝突が始まる。
生みの苦しみと言うべきだろう、その衝突に質の高いドラマが生じるのだ。

絵・話共に高品質。
一風変わった、それでもK○nonであるお話を堪能できる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]