同人 > ゆきはな社 > 嘆きの白鳥と赤い靴

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年12月20日
カップリング
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数48ページ
ジャンル

作品内容

魔法士ハナミチと騎士ルカワのファンタジー・シリーズ。
飛来した白鳥の一群は、呪いによって姿を変えられた男性舞踊手たちだった。
ハナミチは魔法具「赤い靴」を履いて踊り勝負をすることになります。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ025866
ファイル名/ファイル容量
RJ025866.zip / 13.22MB (13858578Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「嘆きの白鳥と赤い靴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!シリアスに笑えます

2011年10月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

最初から、最後まで心の中から笑える、と言ってもギャグつて訳では無くって、ちょと考えさせられつつもわらける(関西弁だな...)お話でした。
 
 心の中の願望を、どうしたら昇華できるのか、シリアスに悩む筈の1コマすら、笑いを誘う誘う、大きな魔法士見習いの感動的な筈の台詞すら、足元のことを考えただけで、笑いが....

少し、深刻と言う程では無いけれど、少し自分の中で思い悩んでいる人に、ちょとお勧めのお話です。
  が...。    
 魔法学士様、事の真相は...?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]