Fタカマサさんのレビュー一覧

投稿数ランキング : -
総レビュー数 : 1
1件中 1~1件目

おすすめ

良質なある種のシリアルキラー系

2013年08月27日  

このレビューは参考になった x 0人

LOOT
CREO
1,080円 / 100pt (10%還元)
ポイントUP
推理×能力。新感覚ノベルゲーム『LOOT』への挑戦をお待ちしています。
同人ゲームデジタルノベルアプリケーション音楽あり体験版ありコミックマーケット82
  • 販売日: 2012年08月25日
  • DL : 129
  •      
  • (4)
  • (55)

レビュアーが選んだジャンル :

シーク○ットゲームシリーズや、うみ○このなく頃にシリーズ、次の犠○者をオシラセシマス、極限○出シリーズ、デ○ノート、ダンガ○ロンパシリーズ等に近いものがあります。これらをプレイした事があり、面白いと感じた人には特にお勧めです。

もともとこの作品にたどり着いたのも、こういう『誰が』『何のために』『いつ』『どこで』『何のために』『どのようにして』『殺害したのか』そういう類のある種の極限推理系ゲームを話し合う掲示板で、オススメされて購入しました。

ただし、推理ゲーは求める5W1H(推理ゲーは多方殺人なので4W1H)の回答数が多くなれば難しく、ややこしくなります。

しかしこのゲームでは犯人の動機は公式ホームページに書かれているとおり、盗賊という能力者が能力を得るためです。これで求める回答は3W1Hになります。つまり求められる回答はとてもシンプルです。

しかし、ここに能力というものが加わり、ある種のクローズドサークルと、盗賊というプレイヤー側から真反対の存在が面白みを引き出しています。

ある種のクローズドサークルというのは、察知という能力が半径±25kmに存在する能力を、24時間ごとに知ることができるからです。もちろん24時間以内に出入りすれば察知されない、またいつでも遠くに行ける環境であるため、拘束感のない擬似的なものです。

また、盗賊という能力は、能力のない人間を殺すと死んでしまうデメリットもあるので、慎重に能力のある人間を探し出します。これによる駆け引きが、今までにない極限推理ものという面白さをさらに引き出しています。

これらの能力は公式ホームページで閲覧することも可能で、ゲーム上でもいつでも確認することができます。さらに、同じく書かれているルールどおり、これらを含む12種類の能力以外は出ません。そして犯人は一人です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

保存した検索条件

マイジャンル

    編集 ]

    同人作品おすすめ特集

    最終更新日:7月13日

    ご利用案内

    ご利用可能なお支払い方法

    お支払い方法について

    ドコモ ケータイ払いでポイントが買える!!

    JAPHICマーク

    当サイトは、個人情報の適切な取り扱いをしており、安心してお買い物をお楽しみいただけます。

    スマートフォン

    運営サイト