お気に入り登録数 : 
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
予告開始日 2018年08月27日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
-

作品内容

商用利用可の音源素材1曲です。サンプルではモノラルで音質を落としていますが、製品版はステレオ、高音質となっています。

 お酒の席は饒舌になって、嘘か本当かわかんない話を饒舌に語りがちです。
 テンション上げて飲め飲めってなって、とりあえず明日のことなんかいいから飲んで騒いでまた飲んでって。

 ほんと次の日しんどくなるのわかってるのになぁ。と思いつつ騒いで飲んでって曲ですね。騒がしいです。

曲のイメージ

 酒場というものは楽しいものである。そこそこの味の料理、いい気分になれる飲み相手。だらだらと下らない話を延々と続けても、気分の盛り上がりによってごまかされ、とても面白い話をしたかのようにウケる環境。

 時にはこの環境が災いして殴り合いに発展することもあるが、それでも酒の席は酒の席と割り切ってお互い悪いことは忘れる。いい事は覚える。大人の付き合いができるいい場所なのである。

 いつものように酒場お抱えの楽団が気分を盛り上げるために明るい楽曲を演奏し、あるものは広間で踊り、あるものは酔いつぶれて眠り、あるいはそういった連中を介抱する。人として助け合う精神が、誰かが指示したわけでもなく、理性的に考える事すらできない酔っ払いたちの間で、不思議と組みあがるある意味での理想の世界。その居心地の良さに皆が浸っていた。

 そして翌日。一定数の者は思うのだ。

 頭が痛いと。

こちらの作品も見られています