この作品はパソコン専用作品です。スマートフォンでは閲覧できません。

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~

平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数: {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数: {{ product.wishlist_count }}

レンタル期間中割引
あと{{ rentaled.limit }}{{ rentaled.period }}まで

{{ product.discount_rate }}%OFF{{ product.discount_end_date }}まで {{ product.discount_rate }}%OFF{{ product.discount_end_date }}まで

{{ product.product_point_rate }}%還元{{ product.pointup_end_date }}まで

割引価格
セール特価
価格
{{ real_price | number_format }}({{ real_discount_rate }}%OFF)
通常価格
{{ product.official_price_str || product.price_str }}円
ポイント
{{ real_point }}pt ({{ real_point_rate }}%還元)pt

レンタル

価格
{{ rental.price | number_format }}
レンタル期間
{{ rental.time_str }}{{ rental.time_unit_jp }}間
  • レンタル期間中は販売価格から{{ rental.price | number_format }}円引きで通常購入できます。[ レンタルとは ]
  • こちらの作品はレンタル販売のみとなります。[ レンタルとは ]
価格
108
ポイント
10pt (10%還元)
サークル
emogica
{{ is_favorite ? __('is_favorite') : __('into_favorite') }}
販売日
2016年06月27日
シナリオ
高居エモ
イラスト
四駆丸 / ミドロ / Myu
音楽
ワタナベヤスフミ / Sightow / 梶原裕矢 / h2
年齢指定
全年齢
作品形式
アドベンチャー
ファイル形式
アプリケーション
その他
音楽ありPC専用
ジャンル
-
ファイル容量
45.38MB
動作環境
インストール不要

作品内容

【ストーリー】
 作曲家である宮屋敷朗は、自作の初演が行われる凱旋公演で殺人事件に遭遇してしまう。
 公演は中止となり、作品はお蔵入りとなってしまったが、
 謎のおしかけ助手の仕業により、宮屋敷朗は突然、探偵になることに――。
 推理、シリアス、ギャグ要素ありの一大巨編。

【ゲームシステム】
 当ゲームは、プレイヤーである宮屋敷朗を動かし事件を解決する
 推理アドベンチャー。4つのシステムを基軸に、ゲームは進んでいく。

 (1)選択肢ポップアップシステム・・・ゲーム画面中の人や物を選ぶと行動選択肢がポップアップする。
 (2)特殊能力システム・・・・・・・・宮屋敷朗が指輪をはずすと、3つの特殊能力を使えるようになる。
 (3)平常心ゲージシステム・・・・・・宮屋敷朗の平常心がゲージで表示。0になるとゲームオーバーなど
                   問題が起きることがある。
 (4)考察シーン・・・・・・・・・・・3つの選択肢から正しいものを選択して、考察を完成させよう。

キャラクター紹介

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【宮屋敷 朗】
ゲームの主人公でありプレイヤー。
作曲家・宮屋敷朗。謎の特殊能力を持つ。
常にルビーの指輪をはめており、 とある理由から、
人付き合いを極端に嫌う。

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]


【イケヒラ】
ゲームのヒロインでありプレイヤー。
宮屋敷朗の自宅に突然現れたギャル女子大生。
ただのキャッチセールスの女かと思われたが……。

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【皇 京介】
物語全体の秘密を握るキーマン。
新進気鋭のクラリネッティスト。自身の凱旋公演で
ソリストを務める。連続殺人、第一の被害者。

その他キャラクター

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【小野原みのり】
宮屋敷の帝東音楽大学時代の同朋。
凱旋公演における委嘱作品の仲介は、小野原によるものだ。
学生時代、彼女が宮屋敷に付けたあだ名が凱旋公演での
事件に謎の関わりを持ってくる。

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【元神蓉子】
財団法人アルスノーヴァの理事長夫人。
宮屋敷にとある事件の調査を依頼した理事長の代理として、
宮屋敷とやりとりをすることになるが……。

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【帝東音楽大学学長】
帝東音楽大学の学長である安原富士夫。
元神理事長の事件とは別に宮屋敷に調査を依頼することになる。

ゲーム画面

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【選択肢ポップアップシステム】
プレイヤーが、ホール内をクリックして、
ホール内をどうするかの選択肢がポップアップしている。

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【考察シーンシステム】
第一の殺人事件のトリックを、宮屋敷朗が考察するシーン。

3つの選択肢から、正解を選択し続けると、
考察シーンから抜けることができる。

1つでも失敗すると、宮屋敷の考えがまとまらず、
また考察シーンの初めに戻る。

節目節目で、この考察シーンが現れる。
宮屋敷朗の推理をサポートすべく、正しい選択肢を選ぼう。

作曲家 宮屋敷朗 ~ラインの哀音~ [emogica]

【キャラクター変更】
 中盤、プレイヤーであるキャラクターが宮屋敷朗から、
 ギャル女に変更。

 軽快な言葉遣いのギャル女は、ゲームの息抜き的な存在だ。

webサイト

バージョンアップ情報

  • 2016/07/05
    内容追加
    ウィンドウ化操作を追加。
    「スペースキー」でウィンドウ化。
    (「Shift + スペースキー」でフルスクリーン化。)

閲覧可能な環境

ご利用端末で閲覧可能かご確認ください

ダウンロード ブラウザ視聴
PC
iOS
Android

同一サークル作品

販売作品

この作品を買った人はこちらも買っています

    こちらの作品も見られています

      最近チェックした作品