がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 妄想屋フォローする
販売日 2018年07月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
WAV
/ MP3同梱
その他
ジャンル
ファイル容量
208.84MB

作品内容

◆ 妄想(シチュエーション)

あなたの彼氏はアイドル事務所に所属するイケメンアイドルです。
アイドルになる前から付き合っている大切な彼女です。
最近は仕事が忙しく、会えない日が続いていました。
そんなある日の、夜遅く。仕事が終わってから、彼女の家に向かいます。


◆ シーン一部抜粋

はぁ~~~~。疲れた。ごめんね、こんな夜遅くに押しかけちゃって、眠くない?
ん? そうそう、撮影の仕事が終わってから、そのまま来ちゃった。大丈夫、今日は一人での仕事だったから。
マネージャーさんとは現地で解散したし、たぶん、どこぞやの記者さんにもばれてないよ。

……本当にごめんな。俺がこんな仕事してるせいで、会うのにも一苦労だ。迷惑だよな?
って、久しぶりに会ったのに、こんな話してても意味がない。どう? 最近は?

仕事が大変、かぁ、まあ、それは俺も同じだよ。仕事ってきついよな。
……でも、大変だから、やりがいがあるって感じ。そうじゃなきゃ、こんな仕事やってないって。
もう何年だっけ? 3年くらいは経つよね。アイドル初めて。やっと、色んな人に知ってもらえて。
ファンだ!って言ってくれる人も出来て、そんな時だからこそ、頑張らないと、ダメだよね。

そうそう、事務所の方にもさ、ファンレターとか送ってくれる子がたくさんいて!
この間、久しぶりに事務所に寄ったら、段ボール何箱分も、俺に手紙を書いてくれたこんなにいるのか……って。
びっくりした。すごくうれしかったな。ちゃんと見てくれてる人もいるんだって!

……え? そりゃほとんどが女の子からの手紙だけど。たまーに、男性からもあるくらいで。
どんなことが書いてるの? って、そりゃ、ファンですーとか、大好きです、とか?
……え、なに、もしかしてる妬いてるの? 俺のファンに? ははーん、そういうことか。
そりゃたまにお返事を書いたりもするし、アイドルとして、ファンのことは何よりも大事だけどさ。
ちょっとこっちに来て。そんなに嫌そうな顔しないでさ。はやくはやく。おいでおいで。

そっちがこないなら、こっちからいっちゃうぞ!

ほら、こっち向いて、ギュってしようよ。はーい、ぎゅーって。暖かいな。
嫉妬させちゃってごめんね。仕事だからしょうがないと言えば、しょうがないことなのかもしれないけど。
でもね、一つだけ忘れないで、ファンに対する好き、と、お前に言う好きは意味が違うから。
どう違うのかって聞かれると、少し難しいけど、でもお前のことは一人の女の子として好きだよ。
お前だって、アイドルとしての俺じゃなくて、男としての俺のことが好きなんでしょ?
それと同じこと。分かるよな。ほら、もっと強く抱きしめて、少し会えなかった分。彼女パワーを吸収しないと。
アイドルなんかやってるから、色々大変なこともあるし、一緒に外を歩けなかったり、歩けたとしてもこそこそしないといけないし。
迷惑をかけてるのは分かってるけど、俺にはこれしかないから。迷惑をかけてる分、ちゃんと愛するから、許してくれよ。

こっち向いて、照れないで、ほら、大好きな女の子の顔をちゃんと見せてよ。
実はね、明日、メチャクチャ久しぶりにお休みもらえたんだ。だから、明日も、今日も、ずっと一緒だ。
嬉しい? 俺はすごくうれしい。好きな人と一緒に居るって、すごく幸せなことなんだって、分かる。
あ、あのさ、今日はアイドルとしての俺じゃなくて、男としての俺を見て欲しいから。
お前のことも一人の女の子としてみるから。その、なんというか……あー、もうめんどくさいな!

ベッドに行こう? たくさん愛してやるから。





はぁ。全く。一人の女の子を愛するのにも、色んな人の目を気にしないといけないなんて。
アイドルになったばかりのころは想像もしてなかったな……。でも今はそれだけ俺も人気があるってことだもんな。
こうやってさ、こそこそ会うのも、まるで悪いことをしてるみたいで、ちょっとだけ楽しいよな。
何て言うか、背徳感? いたずらがばれないようにそわそわする子供みたいと言うか……。
少しは分かる? この感覚。俺だけなのかな、そんな風に感じてるの。
……む、何笑ってんだ。真面目な話だぞ? 真面目、な、話、でもないか。

なんだか、こうやって面と向き合うと、さすがに少し恥ずかしいな。
いつもやってることなのに、意識すると、なんかこう、顔が熱くなっていくのが分かる。お前もか?
は、始めて、したときもこんな感じだったよな。もう何年前だっけ? あの時はお互い色々と…………。
あー! もうそんな昔のことはいいんだ! 大事なのは今だよな。そうだよな?
せっかくの時間を無駄にはしたくないもんな。二人の、大事な、時間。ほら、キスしよう、久しぶりの。

……んっ、キス、やっぱりいいよね。すごく気持ちいい。何回でもしたくなってくる。もう一回。んっ。
なんかいつもより濃いキスだな。……ずっと我慢してたの? 俺が来た時から、ずっと?
俺は……んっ、ちゅっ、そうだな。会った時からずっとしたいと思ってたよ。
いつしよう、どんな風にしてやろうって、そんなことばっか考えた。文句ある?

はぁーっ、気持ち良いね。ずっとしてたい。……けどこれだけじゃ物足りないよね。やっぱり。
次はどうしたい? べ、別にいじわるしたいわけじゃないよ。ただ、どうしたいかなーって。それだけ。
好きなようにしていいって……。それじゃあ、いつもと同じような気もするけど。まあいいか。
じゃあ、俺が服脱がせてあげる。ほら、手をあげて、俺に任せな。好きなようにしていいんでしょ? ほーら!





そんなにまじまじと見つめられると、さすがに恥ずかしくなってくるな。俺のって、別に変じゃないよな?
分からないって、そりゃそうか。大きさとか普通くらいだよな? た、たぶん。
気にしないって言われても、そういう部分で男は意外と気になると言うか、なんというか……。
ちょうどいい感じって、それはそれでどうなんだよ……。でも悪くはないってことだよな。んんっ、いきなり舐めるな!
あー、舌先でチロチロって蛇みたいに、先っぽ舐められるのすごく気持ちいい。なんか背筋がぞくぞくってくる。
なんかお前が俺のチ○ポを咥えてるのを見ると、どんどん興奮して熱くなってくるな。それにしてもおいしそうに舐める。
そんなに俺のチ○ポがおいしいのか? 聞こえてるか? それとも舐めるのに夢中なのか?
まあ、どちらにせよ俺は気持ちいいからいいけどさ。久しぶりのチ○ポなんだから、満足いくまで舐めとけよ。


◆ チャプター

1.久しぶりの(本当にごめんな。俺がこんな仕事してるせいで、会うのにも一苦労だ。迷惑だよな?)

2.ベッド(一人の女の子を愛するのにも、色んな人の目を気にしないといけないなんて。)

3.フェラチオと責め(なんかお前が俺のチ○ポを咥えてるのを見ると、どんどん興奮して熱くなってくるな。)

4.正常位(ゆっくりと虐めると足がブルブル震えてて、すごく可愛いよ。気持ちいいんだね。ここ。)

5.騎乗位(今度は一緒にイこうよ? ね? 一緒に、気持ちよくなっちゃおう?)

6.おわり(朝になったらさ、こっそりだけど、どこかに二人で遊びに行こうか)


◆ 制作

制作サークル/妄想屋

声優/鷹咬穂垂(たかがみほたる)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アイドルの彼氏」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!サークルさんがすき

2018年07月16日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

サークルさんが好きなので、体験版をダウンロードして声を聴いてから購入しました。アイドル良いですね!イケボでしたので問題なく萌えました。シナリオも大好きです!

まだ聴いてない方はぜひ購入をオススメします!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]