がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

【登場人物】
ケイ・アブルッツェーゼ CV:一夜愛
年齢:28歳 イタリアンマフィアのドン
表向きは冷酷で非情なドン。
類い希な美貌を持ちながらも滅多に笑うことはなく、反対に激することもない。
表情を変えずに簡単に人を殺すことが出来る。
一方で性に奔放な面を持っている。
気に入った男相手になら平気で足を開き、雌として扱われることに快感を覚える。

主人公
職業:殺し屋
年齢:30歳
ロシアから流れてきた殺し屋。
腕は確かだが、情にもろい一面もある。

【あらすじ】
敵対しているマフィアが殺し屋を雇ったという情報を得る。
もちろんターゲットはボスのケイ。
情報屋から入手した殺し屋の写真を見て、ケイは滅多に見せることのない笑みを見せる。
夜。
窓の鍵は開いていた。難なく侵入する殺し屋。
「ああ、思ってたより早かったな」とサイレンサー付きの銃で殺し屋を撃つ。
難なく躱しケイに銃口を向ける殺し屋。
だが殺し屋はケイの発砲にまったく殺気がないことに気付いていた。
「なあ、殺されるなら、最期の望みを叶えてもらったっていいだろ?」
ケイが望んだのは、殺し屋に抱かれること。女にするように、そして乱暴にして欲しいという。
殺し屋にはまったく理解出来ないが、ケイの美貌から目が離せない。
ケイは殺し屋を煽るように自慰を始めた。
見られるだけで興奮しているのだ。
ケイを侮蔑しながらも、劣情を煽られる殺し屋。
銃口を構えたまま、ケイを犯していた…。

TRACK LIST
トラック1『ターゲット』
トラック2『甘い毒』
トラック3『殺された半分』

シナリオ:佐藤マーコ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「命知らずのsicario(CV:一夜愛)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!最後まできいてね

2018年06月26日  

このレビューは参考になった×1人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]