({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年05月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数計96ページ
ジャンル
ファイル容量
3.47MB

作品内容

ウィル・クレーは、シビウ=ハーベンベルク帝国のケルンテン騎士団で唯一の平民出身の騎士だった。
団長のレオ・モルゲンロートが使用人だったウィルに才能を見いだし、直接声をかけ、ウィルが自身の右腕になれると期待していた。

そんなレオにウィルは恋心を抱いていた。思いを隠しながら、期待に応えようとするが上手くいかない。
焦りを覚える一方でレオへの思いは強くなり、出来心からレオのハンカチを出来心から盗み、嗅ぎながらオナニーをしてしまうほどだった。

そんな折、外交任務で二人きりで旅をすることになる。レオが悩むウィルを気遣い、気分転換をしてもらおうとしたのだ。
安全な任務のはずだった。しかし目的の屋敷に到着するとどうも様子がおかしい。レオと合流しようとしたウィルは薬を嗅がされ意識を失う。

目を覚ますと、目の前でレオが男たちに犯されていた。汚された姿を見て、目をそらしながらも体が反応してしまう。そんなウィルに男たちは行為に加わるよう
にささやく。

劣等感を持つ見習い騎士の少年が、憧れの少年騎士団長に手を出してしまう快楽堕ち+闇落ちもの。
5/4に開催されたショタフェス2で頒布したものの電子版です。

約37000字 挿絵無し。三人称の攻め視点。
A6サイズで全98ページ(内本文94ページです)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「あのコトは、二人だけの秘密です」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件