({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数67ページ
ジャンル
ファイル容量
2.74MB

作品内容

冬の夜中。大学生の坂巻大雅は山道で真っ黒な着物を着た土御門康太と出会う。
大雅は康太の住む黒垣村へと招かれ、そこで行われる祭りに参加することになる。

祭りは村に溜まった穢れを清めるもので、康太はその中でも重要な火移しの儀式を行う神子だった。
康太は大雅を神子の従者に選び、儀式の手伝いをするように命令する。

二人は協力して儀式を終わらせ、最後に一緒に温泉に入ることになった。
大雅は儀式が全て終わったと思いリラックスしていたが、康太はどこか様子がおかしい。
すると康太はまだ最後の儀式があると康太は告げ、キスをしてきて――。

冬の田舎で行われる儀式の神子と、従者の大学生のおにショタもの。
約26000字 挿絵無し。
A6サイズで全67ページ(内本文64ページ)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「生意気神子と清めの従者」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件