同人 > Dusk > BLOOD CHAIN

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 Duskフォローする
販売日 2017年08月13日
作家 雪華
シナリオ 松竹梅
イラスト 心友
声優 三楽章、三重奏
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

《Story》
ヒロインは血を吸うことに抵抗感がある珍しいタイプのヴァンパイア。
誰にも危害を加えることなく穏やかに生きていきたいと思っていたが、
数十年前に『炎貴』というヴァンパイアを助けてからというもの、
彼から逃げる生活を送るはめになった。
そんな生活が続いていたある夜、炎貴から逃げていたヒロインは、
その途中で人間の『豊』とぶつかってしまう。
弱ったヒロインを見た豊は、炎貴からヒロインを守ろうとするが……。

有限と無限の人生が交差する時、三人の歯車が回り出す。

《Tracks》総尺:62分
■1『豊という変化』
■2『炎貴の宣言』
■3『運命の分岐点』
■4 豊とのエンド『心は永久に』
■5 炎貴とのエンド『BLOOD CHAIN』

《Chara》
■主人公
人の血を吸うことに抵抗感がある、珍しいタイプのヴァンパイア。
穏やかな性格をしているが、大事なものを守るためには牙をむく時もある。

■炎貴(えんき)CV三楽章
近年では珍しい純血のヴァンパイア。かつて傷ついていたところをヒロインに救われており、その時から「惚れた」と言ってはつきまとっている。
かなり強引かつ単純な性格で、無理やりにでもヒロインと一つになれれば、後は上手くいくと本気で思っている最低男。脳筋で馬鹿そうだが、意外と物事を冷静に見ている節もある。

■柳 豊(やなぎ ゆたか)CV三重奏
大学四年生。ごく平凡な人生を歩んできたが、バイトの帰り道に弱ったヒロインを保護してからは、非日常的な世界に足を踏み入れることになる。
誰に対しても分け隔てなく接する性格だが、色恋に関することでは奥手で真面目。
その奥手ぶりは、一目ぼれしたヒロインと一緒に寝ても手が出せないほど。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ205624
ファイル名/ファイル容量
RJ205624.zip / 498.32MB (522522109Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「BLOOD CHAIN」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

初心者向けかな?

2017年10月08日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

物語りの軸はひとつ、そこから分岐してR18トラックがそれぞれひとつずつ。
シナリオが松竹梅先生なだけあって、ストーリーがしっかりしているタイプの「R18ドラマCD」って言った方がぴったり来ます。

三楽章さんをご存知の方は多いと思いますが、三重奏さんの初R18記念シチュエーション作品です。
どちらもお芝居は大変素晴らしく、三重奏さんに関しても、初めての割にはリップ音も自然で違和感ありません。

ただ…
エッチなシーンが各1トラック分しか無いのが、ちょっとだけ物足りないかなぁ。
最近のR18モノは過激なのが当たり前なので、他作品と(トラック数=総エロタイム)を比較したら、やはり初心者向けかと思います。
そういう意味ではヴァンパイアものが苦手な方でも違和感無く聴けます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]