同人 > HELLCircus > ASMRシチュエーション > 無花果の甘い夢

がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年09月28日
シリーズ名ASMRシチュエーション
作家 HELLCircus
シナリオ 骨かるた
イラスト 骨かるた
声優 蜜狐こはく
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
MP3 / WAV同梱
その他
ジャンル

作品内容

眠るのが下手なようだね。
側にいて欲しいだなんて…変わっている。



屋敷に監禁されているアナタは、ストックホルム症候群に陥っている。
逃げ出すことも出来る状況でもあるのに、ただ従順に、その人と一緒に住み続ける。

眠れない、ある夜、アナタはその人に側に居て欲しいと頼む。
その人は快く部屋に来てくれた。
その人の淹れたカモミールティーをいただき、横になる。
その人が横に座り、本を読むのを見ている。
こんなにじっと、長い間見ているのは初めてだった。
綺麗な顔、綺麗な指、心地よい、本をめくる音――…。
思わず見とれていたら、その人は、本に書いてある物語を読んでくれるという。

その人の眠気を誘う優しい声色に…

意識は遠のいていく――…

--------------------------------------
17分19秒
--------------------------------------

睡眠用音フェチシチュエーションです。

※全編時計の音が入ります※

◆内容

・カモミールティーを飲まされる、少しお話
・本をめくる音
・朗読


CV: 蜜狐こはく

制作:HELLCircus 骨かるた

トラックリスト

  1. 1.リンゴの花言葉

    ◆03:02◆足音、ティーカップの音、本をめくる音。

  2. 2.砂時計

    ◆06:58◆朗読1、本をめくる音と共に。

  3. 3.コップの中のあなた

    ◆04:53◆朗読2、本をめくる音と共に。

  4. 4.無花果の甘い夢

    ◆02:26◆布団の衣擦れ、本の音。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ204926
ファイル名/ファイル容量
RJ204926.zip / 186.4MB (195452471Byte)
DLpt
 0

無花果の甘い夢の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「無花果の甘い夢」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!眠る前に聞きたい小噺

2017年10月03日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

眠る前に二つの短いお話をしてくれます。作品の説明に「監禁」とありますが、作中では特に触れることはないので過激な表現が苦手な方でも特に問題なく視聴できると思います。

聞いていると自然と眠くなってくるような柔らかい声色で、眠る前にちょっとしたお話がききたいという時におすすめだと思います。本の中の短いお話を二つ朗読してくれるのですが、二つともなんだか不思議で哲学的なお話で面白かったです。

キャラクターからの思いが伝わるような台詞はどちらかというと少なめで、甘い台詞をたくさん聞きたいという場合だとこの作品は当てはまらないかもしれません。しかし、所々でキャラクターの思いが伝わってくるような台詞もあり、とても味わい深かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]