同人 > Duosides > オメラスの神庭 > オメラスの神庭~壱ノ噺、榴白~

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■同一内容を収録したパッケージ版を2017年夏コミケ(C92)にて頒布いたしました。
重複購入にご注意ください。


『オメラスの神庭~壱ノ噺、榴白~』
──────────────────────────────

――あなたは「神」になったのです
――此処、「神庭」で唯一の神に


「神庭」と呼ばれる場所がある。
そこは私達が住んでいる世界とは、別のところに存在する。

神の代わり、「神代(かみしろ)」であると告げられた『あなた』。
神庭には神に遣える「御先(みさき)」と呼ばれるオス達が、
あなたの世話をし、あなたを慰めるためだけに存在している。
しかし御先は、ヒトの形をした、獣である。

神庭は『あなた』なしでは成り立たない。
御先も『あなた』なしには生きられない。
そして『あなた』も、この神庭で生きてゆくために、『必要なもの』がある。

神の代わりとして神庭に喚ばれた『あなた』と
神に遣えるケモノの御話。


◆榴白―ルハク― (CV.スキマチェリー)
 神庭にいる御先(神使)。
 外見は人間のようだが、蛇と交わったために蛇部分をその身に残している。
 神代である「あなた」がこの神庭で生きて行くためには、
 淫らになってしまえばいいと考えている内の一人。


“たくさんの若いオスがあなた様に傅(かしず)く。そしてそのオスからたくさんの快楽を施される。
 毎日、毎夜……毎時間。
 そのうちきっと、私達なしでは満足できない身体になりますよ。”

“ねぇ、私を求めて。ヨくしてあげますから。あなた様の望むままに、
 気持ちいいことをたくさん、して差し上げますから……私だけを求めて下さい。”

“私のお○んぽを二本も咥えて……いいですよ。
 どうぞ私の形を覚えて下さいね? これからたくさんのオスにペ○スを入れられても、
 私の形を、味をしっかりと……覚えていて下さいね。”



◆トラックリスト
──────────────────────────────

トラック1. 神の庭  03:22
トラック2. この場所で生きるということ(飲精) 08:38
トラック3. 御先を生かすということ(前戯/口淫)19:29
トラック4. 蛇と交わる (二穴挿入) 13:16
トラック5. 神になるための準備 (飲尿/二穴挿入/中出し)13:58
トラック6. 幸せな夢の続き  05:26


約64分

──────────────────────────────


**異世界で「神」として崇められ、溺愛されつつも、淫乱調教される18禁シチュエーション音声作品(シリーズ)です。
**淫語の表現が含まれております。
**今作は、「飲尿」「飲精」「人外」「獣姦(蛇)」「二穴挿入」「調教(軽め)」「中出し」などの要素を含みます。
**基本的には愛があるので、無理矢理・強姦のような描写はありません。


補足:
・「飲尿」→飲まれる。
・「飲精」→飲まされる。
・「獣姦」→完全な獣ではありませんが(見た目は人間です)、
大事な部分が人間の形をしていないので、ご注意ください。
・BLの描写自体はありませんが、「男性しかいない」世界観であるため、BLを想起させるようなセリフがあります。苦手な方はご注意ください。


全てファンタジーです。全体的にリアリティはありません。
あまり深く考えない方がお楽しみ頂けるかと思います。
(上記要素を十二分にご確認のうえ、DL頂けますと幸いです)

──────────────────────────────
CV:スキマチェリー(@sukimacherryyy)
シナリオ:義ヰ(DuoSideS)
イラスト:わめき
ロゴデザイン:花輪ふぅ
企画/制作:DuoSideS

「DuoSideS」
新作情報やキャンペーン等のお知らせを呟いております!
https://twitter.com/duosides

コミケ情報/12月29日(金) 東3/ウ-31a

作品情報/動作環境

作品番号
RJ201953
ファイル名/ファイル容量
RJ201953.zip / 101.97MB
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オメラスの神庭~壱ノ噺、榴白~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!聞き終わった後の余韻が凄かった

2017年06月23日  

このレビューは参考になった×12人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!設定もお声も完璧でした

2018年02月17日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!愛おしい蛇

2018年01月10日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!もっと淫らになりましょう

2018年01月09日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

突然ヒロインが神の代わりになって神の遣い(御先)に愛されちゃうお話です。
しかしこの御先…神の遣いの割に俗っぽいというか…淫語を言う時だけやけに下品な言葉遣いでww と思ってたら何やらネタバレな事情があるようですね。ヒロインの前に突然現れた御先に、愛情たっぷりに愛されちゃうのも、その辺の事情が絡んでいるようです。
そしてこの彼、仕える身だから随分下から丁寧に物を言うのだけれど、その割にこっちにやらせていることはまるっきりエッチな調教ですw 恥ずかしい言葉も言わされるし、やんわりと言葉責めもあります。
ややアブノーマルでほんのりM向け…かな?
ヒロインと彼の背景や未来について深く考えると、ちょっと切ない気持ちになるのですが、彼の言うとおり、深く考えずに淫らになっちゃった方がヒロインにとっては幸せなのもしれません。
視聴後は、そんな感じで胸がきゅっとなるような気持ちでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!大人のファンタジー

2017年12月25日  

このレビューは参考になった×2人

他の方のレヴューがすごく良かったので購入しました。期待を裏切らず凄く満足しました。

作品の中に独特な世界観が面白いです。主人公と榴白を含めて皆が生存するためにお互いに依存する設定がエロい感じがします。時と変態ぽく聞こえる場面もあったんですが、余りにも相手が丁寧に頼むので嫌な感じはあまりない。楽しみに聞きました。

続編の発売を楽しみにしています。例えば狼や、熊、馬など面白いかも(笑)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!もっと聴きたくなるCD

2017年12月15日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

キャラや舞台設定が薄っぺらくないんです。
とても丁寧にしっかり詰まっていて驚きました。約60分の間、実に濃い満足感があります。
声を当ててる方の演技力も申し分ないですし、悪いところがとにかく見つかりません。
隠語を話すキャラですが、余裕がなくなる?意識して話そうしなければ?たまに隠語でなくなるところもツボです。
やはり根は第一印象のままの口調なのかな?という感じです。
飲精はあまり苦手な部類ですが、これは随分気遣ってくれて飲みやすいように味を……てくれます。榴白の優しさとシナリオを書いてくださった方の優しさが垣間見えるような気がします。
キャラ・声・話の流れ・舞台の活かし…など細かく分けて評価してもどれも満点突破です。
アブノーマルは痛そうだし怖そうだしM向けで嫌…と思ってる方でも大丈夫だと思います。私自身そういうCDは苦手ですが、これはとても愛情があったし相手が優位に立ってやる!という感じでないのですんなり受け入れられました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]