同人 > 妄想屋 > 【オナニー補助】繁殖以外のために性的に興奮する必要があるのか、僕は君で研究したい…

がるまに専売

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 妄想屋フォローする
販売日 2017年03月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
WAV / MP3同梱
その他
ジャンル

作品内容

◆ 妄想(シチュエーション)

……ふぅ。今日の授業も終わった……。
高校と違って、相変わらず長いな、予備校の90分授業って。
でも大学に入ったらこれが普通になるんだもんなぁ……。
さぁて、今日は牛丼でも食べて帰ろうかな。
お腹も空いたことだし……なんかいい匂いするし…………ん? いい匂い?
なんだろう、この女の子の濃い匂いみたいなの……。

あっちの方から匂いがする。
……あの子、何してるんだ?
でも誰も気づいてないみたいだな。
……ちょっと近づいてみよう。

あの、君……?うっ、うわあ!
そんなおどろいた声出さなくてもいいじゃないか。
こっちまでおどろいて声をあげちゃったよ。……ごめんごめん。

いや、大したことじゃないんだ。
ただ、君がなにしてたのかなーって思って。
……え? なんでそんなことが気になるのかって?
うーん。
なんかさ、君からいい匂いがしたんだよ。
他の人は気づいてないみたいだけど。
なんていうか……その……女の子の濃い匂い、みたいなのが。
……ん?
なんで今足をきゅっと閉じたの?
なんかまずいことでもあった?
……え。
もしかして、君……。
予備校の教室で、授業受けながらオナニーしてたの?!


◆ 性の研究に興味のある浪人生との出会い

人間は恋に落ちるでしょ?
恋に落ちて、手をつないで、キスして、セックスして、子孫を作る。
それが僕には不思議でたまらないんだ。

ある学者が言ってた──その学者の名前は、思い出せないんだけど、その、とりあえず聞いてくれる?

『人間は本能が壊れちゃったから、生殖相手を探すのに、恋なんて複雑なことをする。恋は精神病の一種みたいなものだ』

って、その学者は言ってた。
僕はそれにすごく感動したんだ。
恋が精神病のひとつなんだとしたら、僕はその病気の解明がしたい。

……ってここまで話すと、やっぱり医学部の方が良さそうに聞こえちゃうけどね。
違うんだ。なんで人間は恋をして、他の動物はしないのか、それが気になるんだ。
それに、恋をしてなくなって人間はセックスをするでしょう?
オナニーだってする……さっきの君みたいにね。
それってすごく不思議なことなんだ。
繁殖以外のために性的に興奮する必要がどうしてあるのか、僕は研究したい。


◆ オナニーの指示

もしもし。僕です。
聞こえてる?
この建物鉄筋コンクリートだから、ちょっと電波弱いんだよね。
でも今聞こえてるなら多分大丈夫。
じゃあ、今からトイレの個室に向かってください。

無事トイレに着いたようだね。
じゃあ、昼休みが終わる5分前までの間、君には個室でオナニーをしてもらうよ。
周りに女の子の甘い匂いをいっぱい撒き散らしながら、ね。
じゃあまず……個室は空いてる?
そう、一番奥が開いてるか。
わかった、じゃあそこに入って。
真ん中や手前がいつまでも開かないんじゃ、不審がられちゃうからね。
一番奥なら、倉庫と勘違いしてくれるかもしれない。
入ったら、鍵をしっかり締めて。

鍵は閉めたね。OK。
じゃあ、パンツを下ろして。
全部脱がなくていいよ、時間もないしね。
自分で触れるぐらいまで脱いだら、トイレの便座のフタを閉めて。
その上に座って、足を広げてみて。
……ねえ、今どんな状態?
”何が”?って……おま○この状態に決まってるでしょ。
まだ乾いたまま?
それとも、期待して濡れ始めちゃってる?
……そっか、まだ乾いたままか。
そうだよね、突然こんな指示されて、緊張もしてるだろうし。
じゃあ、触っていこうか。
まずはどこを触りたい?
クリトリスがいい? それともいきなりおま○こに指突っ込んじゃう?
ねえ、君、昨日どんなオナニーしてたの?
教えてよ。


◆ エスカレートしていくオナニーの指示

受話器越しに、君の荒い息が聞こえるよ。
ねえ、もしかして声抑えてる?
……そりゃそうだよね。
トイレなんて、他に誰が来るかわからないんだから。

……いや、この実験の目的からしたら、君には声を出してもらっても構わないんだけどね。
隣の個室で同級生がオナニーしてたら、自分もしてみたくなっちゃうかどうかが、僕の知りたい実験結果なんだから。
あぁ……甘い声が少しずつ漏れてきたね。
いいよ、その感じだ。今どんなふうに触ってる?
人差し指でクリトリスくにくにしてる?
クリトリス、逃げちゃってない? ちゃんと指でクリトリスをとらえているかな?
ほら、クリトリスを押して、こねて、つまんで、気持ちよくなるんだよ?

息が荒くなってきたね。
そろそろ人差し指一本だけじゃ物足りなくなってきたでしょう?
じゃあ特別に、両手を使わせてあげるから。
トイレに行く前に、イヤホンは渡したよね?
それを携帯電話につないで、僕の声はイヤホンで聞くんだ。
それで、電話をトイレのどこかに置くんだ。
そしたら両手が空くでしょ?
両手が空いたら、両手で触りたい場所オナニーしていいから。

……あ、まだクリトリスだけだったね。
でも、両手でクリトリス触っていいよ。


◆ 激しくなるオナニーの指示

よし、聞こえたよ、君の息。
じゃあ、クリトリスでイケるように、今から頑張っていこうか。
もう一度左手でクリトリスの皮を剥いて。
……クリトリスはむき出しになった?

OK。じゃあ、右手の人差し指を舐めるんだ。
自分の唾液で、たっぷり指を濡らしてね。
……濡れたかな?

じゃあ、いよいよクリトリスに触るんだ。
最初は恐る恐る、次第に大胆に……。
どうだい? クリトリスの皮を剥いて直接触るのは。
……電気が体に走るみたいに気持ちいい?
そっか、女の子はそんな気持ちを味わえるんだね。
いいなあ……僕も女の子に生まれてみたかった。
女の子のオナニーを、体験してみたかったよ。

……あ、いや。こっちの話。
クリトリスを触り続けて。
触るスピードは君の好きにしていいよ。
ゆっくり触った方が気持ちいいなら、そうしてもいいし、
スピードに乗ってこすりつけたほうが気持ちいいなら、そうしたらいい。


◆ シーン(31分17秒)

01.発見されて

02.帰り道

03.オナニー指示

04.更なるオナニー指示

05.セックス


◆ 制作

制作サークル/妄想屋

声優/瀬良紅

作品情報/動作環境

作品番号
RJ196558
ファイル名/ファイル容量
RJ196558.zip / 139.98MB (146778897Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「【オナニー補助】繁殖以外のために性的に興奮する必要があるのか、僕は君で研究したい…」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件